Department

戻る

栄養学科

戻る

学科長メッセージ

栄養学科長鈴木 志保子

社会が求める管理栄養士を目指しませんか

 栄養とは、生体に必要な物質を体外から取り入れて、生命の維持に利用し、健全な生命活動を営むことをいいます。栄養は、人の健康や病気と深く関わります。
 栄養学科は、「人間栄養学」を重視して学び、ヒューマンサービスを実現する管理栄養士を育成します。
 わが国は、世界に類をみない少子高齢化社会、新しいスタイルでの感染症との共存を強いられる現在にあります。このような状況下においても、子どもの良好な発育・発達、健康寿命の伸延や一人ひとりのかけがえのない人生のために、栄養の重要性が高まり続けています。そこで、地域、病院、施設、学校、企業、家庭等のさまざまなところで、栄養教育、栄養管理や食べる楽しみの充実のために、高い知識・スキルと能力を備えた管理栄養士であり、さらに他の専門職と協働しリーダ-となれる管理栄養士が求められています。
 栄養学科には、一人ひとりの学生を大切にする教員と学生が前向きに仲良く学びあう学習風土があります。このような本学科の風土のなかで、社会に山積する栄養問題を探求し、解決に向けて果敢に挑戦し続けることのできる人材を育成したいと願っています。
 地域貢献したい、国際的にも活躍したいという意欲ある学生を待っています。

栄養学科 准教授

向井 友花

対談

栄養学科 3年

山下 夏紀

大学での学びについて教えてください

山下

3年生になって、今は給食経営管理論実習という授業を受けています。給食を作って実際に食券を販売して食べてもらうのですが、調理学、マネジメントや食品衛生など、今まで座学で学んできた知識をフルに活かす授業です。私は元々食べるのが好きだったのですが、栄養学科のみんなは食に対する興味が強く、私もこの学校に入ってさらに興味が増したように感じます。

山下さんはどんな学生さんですか?

向井

クラスの中でも明るいキャラクターで、実験でも積極的に動いている印象です。食に対する知的好奇心が栄養学を学びたいという原動力になっているのだと思います。管理栄養士という職業は対人の専門職で、人に対してサポートをする前にまず自分の食を大切にする必要があると思います。山下さんは授業以外のプライベートなところでも、食について自分なりに工夫したり、学んだり、強制されてやるのでなく、自分で興味を持って動くということができていて、管理栄養士としていい資質を持っていると思いますし、とても頼もしいなと感じています。

なぜ先生のゼミを選んだのですか?

山下

食品衛生や微生物に興味があったからです。2年生の実験の授業で、菌が動いているのを顕微鏡で実際に確認できて、その驚きを一緒に共有できたのが向井先生でした。また、私は説明することや人前で話すことが苦手なのですが、先生のゼミの内容を見たときに、そういう力も伸ばせそうだと思ったので、向井ゼミを選びました。

先生から山下さんへのアドバイスは?

向井

研究とは、一つのことを論理的に考え、科学の力で明らかにする体験をすることです。なんとなくではなく、管理栄養士として説得力のある栄養指導をするためには、論理的、科学的エビデンスを活かすことが大切です。私の研究は基礎研究なので、管理栄養士の業務に直結するものではありませんが、今しかできない、データを通して考えて明らかにしていくという経験をして、将来の仕事に活かしてほしいと思っています。持ち前の知的好奇心を大事にして学んでいってほしいですね。

受験生へのメッセージをお願いします

向井

本学は学生数がそれほど多くないので、とてもアットホームな雰囲気です。私たち教員も、学生から学ぶこともあり、一緒に学んだり考えたりできて楽しいですよ。教員は学生が良い方向にのびるようにみんなで見守っていて、気持ちよく学んでもらえる環境だと思います。

※学年は取材時のものです

前のページに戻る