Department

戻る

栄養学科

戻る

学科長メッセージ

栄養学科長杉山 みち子

人が豊かで幸せに生きるために
社会が求める管理栄養士を目指しませんか

栄養とは、生体が物質を体外から取り入れて、発育、成長、生命を維持し活動を営むことをいいます。栄養は、人の健康や病気と深く関わります。
栄養学科は、「人間栄養学」を重視して学び、ヒュ-マンサ-ビスを実現する管理栄養士を育成します。
わが国は、世界に類をみない超高齢化社会を実現しました。そして、今ほど、子どもの健康な成長、健康寿命の伸延や一人ひとりの豊かで幸せな人生のために、地域、病院、施設、学校、企業等の様々なところで、栄養教育、栄養管理や食べる楽しみの充実のために他の専門職と協働しリーダ-となれる管理栄養士が求められている時はありません。
栄養学科には、教員が一人ひとりの学生を大切にし、学生が前向きに仲良く学びあう学習風土があります。このような本学科の風土のなかで、社会の様々な栄養問題を探求し、解決に向けて果敢に挑戦し続けることのできる人材を育成したいと願っています。人々の栄養問題の解決を通じて地域貢献したい、国際的にも活躍したいという意欲ある学生を待っています。

栄養学科 教授

鈴木 志保子

対談

栄養学科 3年

鷺山 夏海

ゼミではどんな活動をしていますか

鷺山

3年生になってゼミに配属され、鈴木先生のもとでスポーツ栄養学のゼミ活動に取り組んでいます。大学2年間は知識を吸収することでいっぱいいっぱいだったのですが、いまはゼミの同期メンバー4人と同じ目的をもったチームとして一生懸命頑張っています。
もともと栄養の世界に興味を持ったのがスポーツ栄養という分野がきっかけで、なかなかどこで学べるのか情報が少ない中で、県大にスポーツ栄養学の研究室があると知りました。この大学に来たからにはそのゼミに入ろうと決めていました!いまゼミでは、サポートしている選手の食事解析や、面談に向けて選手にフィードバックするための資料を準備したりしています。

鷺山さんが成長したと思うところ

鈴木

スポーツ栄養学はやるべきことが割と多いんです。そんな中で、時間を計画立てて合理的に進める場合や、人情味をもって選手に接しなくてはいけない場合とか、鷺山さんはその機微ができてきたと思っています。単なる作業をするのではなく思いを込めて、たとえば選手に連絡をするのでも本当に自分のことを考えてくれた文章になっているかとか、単にコピーして貼っただけの文章で送ってきたとか、一番分かるのは選手自身だから、選手に対して愛情をもって向き合い、それで成果が出て選手の成績が上がったらいいですね。達成は自分のためではなく、人の達成を見ることで自分の成果を上げていくということも、分かってきたように思います。

将来、どんな管理栄養士になりたいですか

鷺山

栄養学の中でもいろいろな分野があると思いますが、県大ではそれぞれの分野で活躍されている先生方が身近にいらっしゃいます。自分もそんな専門性を身に付けて、それを武器に活躍して、対象者の方がより幸せになれるよう支援できたらいいなと思っています。
自分もスポーツをやっていましたが、やっている時から、自分がやるよりも、チームを勝たせるためにどうやって自分が動けばいいのか考える方が楽しいです。この先チャンスをつかむためにスポーツ栄養学の勉強は続けていきたいと思っています。

スポーツ栄養学にいかせる鷺山さんの長所は?

鈴木

鷺山さんはいつも「表情が明るい」。これは重要なことで、スポーツ栄養では「前向きなこと」ばかりをやっているので、その前向きな内容にあった表情というものがあります。また、単に知識を持っているだけで活用しないなら、「ただ専門的なことを知っているだけ」のことに過ぎません。鷺山さんが言ったように専門知識を武器として使いこなしていくためには、相当な経験と知識のアップグレードと、世界中のエビデンスをしっかり知って、それらをアレンジして使える力を持つことが求められます。ゼミを通じて、2年間で卒業までにいろいろな人を見て、そこから次の発展を考えていける厚みを自分のものにしてくださいね。はがすとすぐ剥けてしまう薄っぺらな人ではなく、はがしてもはがしてもまだ厚みがある、そんな人に育っていってください。

※学年は取材時のものです

前のページに戻る