Department

戻る

リハビリテーション学科

戻る

学科長メッセージ

リハビリテーション学科長笹田 哲

リハビリテーションの使命に共感し
挑戦していく皆さんを歓迎します

リハビリテーション学科は、理学療法学専攻と作業療法学専攻から構成されています。
リハビリテーション専門職は、障がいのある人々に対して機能改善だけでなく地域で生活することを支える視点が求められます。優秀な教授陣による臨床・実践教育に重点を置いたカリキュラムで、科学的根拠に基づく技術をはじめ、障がいのある人々の苦悩を理解し共感できる態度や多職種と連携し豊かなコミュニケーション能力を備えた人材を育成します。
リハビリテーションの使命に共感し、保健、医療、福祉、教育分野で自分の可能性に挑戦したいと志望を抱いている皆さんを私たちは心から歓迎します。

専攻長メッセージ

理学療法学専攻長隆島 研吾
            

保健、医療、福祉
地域に広がる理学療法士を目指そう

理学療法は病気、けが、高齢、発達障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気などの物理的手段を用いて行われる治療法とされています。さらに近年はこの技術を応用して高齢者等の介護予防、生活習慣病予防など地域社会の中での活動にも広がっています。専攻ではこの技術を高めるだけではなく、人としての高い教養と深い優しさを持って人々に寄り添い支えることのできる理学療法士教育に努めています。

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 准教授

島津 尚子

対談

リハビリテーション学科
理学療法学専攻 1年

伊藤 こよみ

クラスの雰囲気を教えてください

伊藤

理学療法士専攻は1学年20人だけと少人数で、高校までのクラスよりも少ないので、全員とすぐ仲良くなれて、まだ半年ちょっとしか一緒にいないのに、もう2・3年は一緒にいたんじゃないかと思えるような雰囲気なんです。すごくクラスが仲良くて毎日とても楽しいです。私は県外出身で一人暮らしですが、寂しいと感じたことはありません。授業も楽しいですよ。少人数だと授業中に当たることが多いのですが、その場で分からなくても、授業のあと、すぐ先生に質問に行けます。一人の先生が受け持つ学生の数も少なく、お互いの距離が縮まっていて安心感があります。

先生、専門科目を学ぶためのコツはありますか?

島津

伊藤さんの学年は元気いっぱいで、入学したての頃は高校生らしさがまだまだ抜けていないように感じられたのですが、後期に入り大学生らしくなってきました。夏のいろいろな見学実習など実際の現場体験も経て、少しずつ医療職としての心構えができたり、今後の学びを具体的にイメージできるようになったきたようです。これから専門的な科目が増え、覚えることが多くて大変だと思います。医学的な知識であったり理学療法士として必要な専門知識や技術を学ぶ実技なども増えてきますので、新しく学ぶことに加えて繰り返しの反復学習も必要となりますが、練習や学習を重ねていくことが大切です。大学で学ぶ専門的な知識はこれから実習に向かったり働いていくために必要な基礎。今後必ず自分の力になり実践に活かされるので頑張ってくださいね。

見学実習にいってみて、どうでしたか?

伊藤

実習では、実際に働く理学療法士の方について見学させていただきました。理学療法士の方と患者さんとの信頼関係がすごくできていて、患者さんも理学療法士に気を許して打ち解けている感じがしました。会話が弾んでいてすごいなと思いました。私も、実習先にいらっしゃった理学療法士の方のように、技術はもちろんですが、患者さんとの信頼関係を築いたり、患者さんのことをより深く考えられるようになりたいです。

先生から、伊藤さんへのアドバイス

島津

我々がお仕事でご一緒させていただく相手の方は、障害を持たれていたり高齢であったりなど、何かご自分の中に問題を抱えていらっしゃることが多いですよね。その皆さんをすべて理解することは難しくても、相手の気持ちを理解しようと努力する姿勢や、一緒に寄りそって理学療法士として働いていくための意識付けを、授業の中や日々の対話を通して少しずつ行っていきましょう。私たち教員は、伊藤さんやクラスメイトの学生たちが学業に限らず学生生活でも困っていることはないかなど、広く目を向けながら一緒に過ごしていますから、安心して学んでいってください。学内で学んだことをもとに学外でステップアップしていってもらえるように、期待しています。

※学年は取材時のものです

専攻長メッセージ

作業療法学専攻長森田 千晶

作業療法は、病気やケガだけではなく加齢、または生まれながらにして体の機能に何らかの障害を持った人や心に病を抱えた人が、その人らしい生活を送れるよう支援をする仕事です。その支援は多岐にわたり、医学的立場では心身の回復のために様々な治療、訓練を行い、福祉的立場では社会復帰や在宅・地域生活が円滑にできるよう家屋などの環境調整や福祉機器の導入、暮らし方のアドバイスや練習を行います。
作業療法学専攻では作業療法士に必要な専門的知識の修得に加え、対象となる人の生活を想像する力、信頼関係を作るためのコミュニケーション能力、そしてともに考える問題解決能力を育成し、人とその人の生活によりそう作業療法士を目指します。

リハビリテーション学科
作業療法学専攻 教授

奥原 孝幸

対談

リハビリテーション学科
作業療法学専攻 2年

内田 順也

今はどんなことを学んでいますか?

内田

2年生になって、リハビリテーションの専門的な内容に踏み込んで学んでいます。例えば、評価というプロセスがあって、対象者の問題を抽出してリハビリのプログラムを考えます。筋肉の動きを測定したり、実際に演習したり、疾患ごとに治療法の効果をレポートでまとめて知識を深めています。

内田さんはどんな学生さんですか?

奥原

私は2年生の担任をしているし、精神分野の作業療法の授業でも内田さんとかかわりがあります。内田さんは授業で指示した提出物を1番最初に送ってくれるし、課題で私がコメントすると、直して再提出するのは必須ではないのですが、すぐに修正して返してくれて、そのやりとりから真面目で誠実な人柄が感じ取れます。

今後はどんなことに取り組んでいきたいですか?

内田

その対象者にあったプログラムを考えて最後まで寄り添っていける、1人1人を大切にして支援していける作業療法士になりたいと思います。
また、元々英語が好きで自分で頑張って勉強してきたので、これからも勉強を続けて、将来はグローバルに活躍したいという気持ちもあります。

内田さんへのアドバイスは?

奥原

いろんなことを吸収していってほしいですね。「寄り添う」という言葉を使っていましたが、疾患や症状はもちろんのこと、その人の背景まで見つめていけるような作業療法士になってほしいと思います。
後、好きな英語はぜひこれからも頑張って勉強してください。論文を読んだり、海外での発表や留学をするときは当然英語が必要となります。また、海外の方が患者さんとしていらっしゃるときに意思疎通ができるというのは現場でも重宝されると思います。

受験生へのメッセージをお願いします

奥原

この大学には、研究も臨床もできて、幅広い経験を積んだ教員がそろっていて、色々なタイプの作業療法士がいます。そういう環境の中で自分がどんな作業療法士になりたいかきっと答えが見つけられると思いますし、それを探求していくエネルギーがある人にぜひ来ていただきたいですね。

※学年は取材時のものです

前のページに戻る