Department

戻る

社会福祉学科

戻る

学科長メッセージ

社会福祉学科長髙橋 恭子

誰もが幸せに
生活できることを目指して

社会福祉の目的は、誰もが幸せに生活できる社会の実現です。人びとの生活のしづらさを解決し、社会参加や自己実現を支援するための制度や政策、支援のための方法や技術の総体です。誰も排除せず、社会で生きる一人ひとりを大切にし、その人が目指す生活の実現のために、人間に対する幅広い知識と深い洞察力、鋭い感性を身につけ、専門的な知識や技術を修得していくことが必要となります。
社会福祉学科では、講義科目以外に、少人数の演習や現場実習を通して、学生同士がお互いに学びあいつつ、教員や現場の指導者からの手厚いサポートを受けることのできる体制と環境を整えています。また、他学科の学生とともに連携や協働のあり方を学び、将来、他の専門職や地域の人びとと手を携え、実践できる人材の育成を行っています。明日の社会福祉を担うみなさん、ぜひ私たちと一緒に学んでいきましょう。

社会福祉学科 准教授

在原 理恵

対談

社会福祉学科 3年

佐藤 大哉

ゼミではどんなことを学んでいますか?

佐藤

在原先生のゼミでは、ヤングケアラーに対する支援を学んでいます。ヤングケアラーとは、病気や障害のある家族のケアを担う子供たちのことです。ケアに時間を費やすため、進路選択や友人関係の構築等に影響が出てしまうのですが、問題としてあまり認識されていないのが現状です。そういった子たちに何ができるか、ゼミのみんなと意見を交わしています。

先生から見て、佐藤さんはどんな学生さんですか?

在原

今年からゼミ生として関わってみて、佐藤さんはあまり自己主張しない、控えめな性格なのですが、周りのことをちゃんと見て、今求められていることは何か冷静に考えて発言したり、行動したりできるタイプだと思います。

授業以外で取り組んでいることや熱中していることは?

佐藤

Child Wishというサークルでサークル長を務めています。入院している子どものお見舞いに両親が行く際、そのきょうだい児は感染防止を目的として病棟に入ることができないのですが、Child Wishではその子たちの遊び相手・見守りをすることを主な活動内容としています。病気というどうにもならない理由で親と離れて過ごさなければいけない子供たちは、その気持ちをどこにもぶつけることができずに、寂しい思いを我慢してしまうようです。自分も誰かに見守られているという実感が持てるように、病院にいる時間が少しでも楽しくなるようにと考えながら活動しています。また、それによって親御さんたちが安心してお見舞いができるといいなと思います。病院で一緒に遊んだ子がうみかぜ祭に遊びに来てくれたことがあり、安心して過ごせる居場所と認識してもらえたことを感じた時は、日々の活動が実を結んだのかなと感じました。

先生から佐藤さんへのアドバイスは?

在原

彼の良さ、自分らしさを伸ばしていってほしいなと思います。ちゃんと周りを見て、配慮ができるということは、社会福祉にとって非常に重要なことです。周りの人を活かせるような力もあると思うので、いろんな人との出会いの中で、その人の思いに応えていくことで力を発揮していけるタイプだと思います。出会いを大事に、そこから多くのことを吸収しながら成長していってほしいですね。

受験生へのメッセージをお願いします

在原

教員と学生の距離が近いところがこの大学のいいところだと思います。学生が感じている以上に教員は1人1人のことを考えながら学生と関わっています。例えば、授業では「この話はあの子に届くといいな」と考えながら話すこともありますよ。

※学年は取材時のものです

前のページに戻る