Department

戻る

社会福祉学科

戻る

学科長メッセージ

社会福祉学科長髙橋 恭子

誰もが幸せに
生活できることを目指して

社会福祉の目的は、誰もが幸せに生活できる社会の実現です。人びとの生活のしづらさを解決し、社会参加や自己実現を支援するための制度や政策、支援のための方法や技術の総体です。誰も排除せず、社会で生きる一人ひとりを大切にし、その人が目指す生活の実現のために、人間に対する幅広い知識と深い洞察力、鋭い感性を身につけ、専門的な知識や技術を修得していくことが必要となります。
社会福祉学科では、講義科目以外に、少人数の演習や現場実習を通して、学生同士がお互いに学びあいつつ、教員や現場の指導者からの手厚いサポートを受けることのできる体制と環境を整えています。また、他学科の学生とともに連携や協働のあり方を学び、将来、他の専門職や地域の人びとと手を携え、実践できる人材の育成を行っています。明日の社会福祉を担うみなさん、ぜひ私たちと一緒に学んでいきましょう。

社会福祉学科 教授

新保 幸男

対談

社会福祉学科 3年

又吉 絵理香

又吉さんが社会福祉の道へ進みたいと思ったきっかけは?

又吉

もともと高校生の頃から児童関係の道に進みたいと思っていました。高校時代に保育園などで職場体験をさせていただいて、その職場体験の中で困っている子どもたちがいると感じ、そのような子どもたちを助けられる仕事は何かと考え調べているうちに、児童相談所や児童福祉司の仕事を見つけ、目指すようになりました。今は将来児童相談所で働くことを意識して、新保先生のゼミでは児童福祉に関することや、児童相談所に関することを学んでいます。

先生から見た、又吉さんはどんな学生ですか?

新保

人の話をじっくり聞くことができるところが彼女の一番いいところ。話をしっかり聞いたうえで適切な判断をしながら、学びを進めているという風に見受けられますね。きっとそれは児童相談所で子どもたちと関わっていく上でとても役に立つ能力だと思うし、その能力をこれからも大切に育てていきたいと思います。

児童福祉施設での実習はどうでしたか?

又吉

児童相談所ではケースワーカーの方々について会議などに同席させていただいたり、児童福祉司だけではなく他の専門職の方々からお話を聞かせていただいたり、一時保護所の実習では子どもたちと直接かかわるなかでいろいろな体験をさせていただきました。実際にまだ働いていないので明確なことはわかりませんが、実習を通して今まで学んできたことを実際に見ることができたとき、一生懸命学んできてよかったとやりがいを感じます。新保先生にはゼミだけではなく実習指導もご担当いただいていますが、特にロールプレイをするときに、相手の立場になって物事を考える大切さを学ばせていただきました。

先生が又吉さんの成長を感じる瞬間は?

新保

又吉さんは、自分の考えを少しずつですが、明確に言えるようになってきました。初めてゼミに入ってきたとき、仲間たちから少し離れたところで発言をしなかったことがあったけれど、ここのところ自分の意見を言えるようになりました。これは大きな進歩です。しっかり聞けるということは又吉さんのとてもいい長所だから、その長所を活かすためには、聞いて、感じたことを自分の言葉で書いたり発言したりすることを続けてほしいですね。
又吉さんの「子どもの気持ちに寄りそえるような児童福祉司になりたい」という夢は叶うだろうと思っています。その気持ちをもって働いて、どこかで何かの壁に出会うかもしれない。その時に他人の意見を聞いて、自分の意見をまとめて、解決方法を見つけ出していくでしょう。そのためのスキルをいま身に付けている最中なのだと思います。大学の中でも、現場に入ってからも、どんどん力をつけて行ってもらえたら嬉しいですね。頑張ってください。

※学年は取材時のものです

前のページに戻る