Department

戻る

保健福祉学研究科

戻る
保健・医療・福祉の
学問的なエキスパートを養成

より深い学問的な探究をしたい方へ、大学院で学ぶという選択肢があります。
博士前期課程・後期課程における研究で得た成果を実践の場で活かすという、
保健福祉学の知の探究の扉を開きましょう。

保健福祉学研究科のご紹介

保健福祉学専攻博士前期課程

保健・医療・福祉の現場で得た知識・経験を学問的に検証するとともに、理論化し、社会に発信していく力を身につけます。また、実践の場において、リーダーや管理者として活躍できる人材を育成します。
取得できる学位:修士(看護学)、修士(栄養学)、修士(社会福祉学)、修士(リハビリテーション学)

保健福祉学専攻博士後期課程

保健・医療福祉分野において、新たなサービスやケアの開発、保健福祉人材の育成や政策提言、健康寿命の延伸など、この分野の発展に寄与し、実践現場に変革をもたらす研究成果を産出することを目指します。
取得できる学位:博士(保健福祉学)

働きながら学ぶ学生を支援

写真:研究科長
前のページに戻る