Department

戻る

看護学科

戻る

学科長メッセージ

看護学科長北岡 英子

看護の楽しさ、醍醐味を
一緒に学んでいきましょう

看護は人を対象とした学問です。人が生を受けてから死に至るまでの全てにかかわります。そして健康の保持増進から、予防、治療、リハビリテーションまで、さまざまな健康状態にある人々が、その人らしく生きていくことを支え、生活の基盤を整えていく役割があります。
看護専門職としての基礎を学ぶためには、専門的知識・技術だけではなく、幅広い教養、人と向き合う態度や豊かな人間性が必要になります。これらのことを修得するために本学科のカリキュラムはグループ学習や演習を多く取り入れるなど、皆さんが主体的に学び、効果的に学習を進められるよう工夫されています。4年間を通して、高い専門性をもつ教員や指導者、多くの仲間との出会いはきっと皆さんの成長の糧となることでしょう。
さあ、看護の楽しさ、醍醐味を一緒に学んでいきましょう。

看護学科 講師

渡邉 惠

対談

看護学科 2年

川下 涼風

大学での学びについて教えてください

川下

2年生の後期になってリプロ(=リプロダクティブ・ヘルスケア、母性看護学)が始まって、授業が面白くなりました。内容を集中して聞けるし、家に帰ってもプリントを開く意欲がでます。具体的には周産期にあるお母さんや家族の特徴、新生児の特徴、ハイリスク出産の看護などを学んでいます。
いま、看護師と助産師の資格取得を目指して自分なりにがんばっているところです。勉強が大変なことは分かっていますが、常に高い目標をもってやっていきたいと入学するとき思っていました。いまも変わらず、高いところを目指していきたいと思っています。

先生から見た、川下さんのいいところは?

渡邉

看護師に加えて助産師を目指す人は、勉強をもちろん頑張らなければならないし、なりたい人がいっぱいいる中でも、優秀な学生しか専攻に入ることができません。これは学業だけでなく、人柄の適性も考慮されて決定するものです。川下さんにこのまま頑張ってほしいと思うのは、積極的な取り組み姿勢。授業中、皆さんに「誰か意見はありますか」と聞くと、一瞬シーンとするけど、川下さんが「ハイ!」と手を挙げて発言してくれ、ディスカッションが進む突破口を作ってくれる。すごく積極的なところを評価しているので、そういう長所を助産の先生の前でもアピールしていけば、川下さんはいつも手を挙げて発言してくれる人だなときっと思ってもらえるはず。前向きさをこれからも大切にしてほしいですね。

学外での実習はどうでしたか?

川下

実習にいくと、患者さんが抱える問題点ばかりに目が行ってしまいがちです。でも、問題点ではなく強みに目を向けると、患者さんの回復に向けた何かヒントがかくれているのではないかと感じました。「基礎看護実習Ⅱ」で私が実際に担当した患者さんは回復途上にある方だったので、その患者さんと接していく中で特にそう感じることがありました。まだ何も援助ができない私たちも、ちゃんと話し相手になるだけで、患者さんに「ありがとう、助かったよ」と言っていただける。こんな私たちでもできることがあるんだと思えたのが嬉しかったです。

先生が思う、実習での川下さんの成長は?

渡邉

川下さんが受け持った患者さんは途中で退院されましたが、それはとても喜ばしいことで、慢性的に病気を抱えて入院が長引く人が多い中で、傷口がある状態でもそれを支える家族の存在があって帰っていく患者さんを受け持てたことは、よい経験でした。患者さんにとって家族の支えがとても大きな力になるということや、病気を持っていてもセルフケアをして病気と一緒に暮らしていく患者さんと出会えたことは、大きな学びになったはず。
実習の最終日には患者さんが退院したことで時間にゆとりが生まれて、他の学生が担当していた患者さんのケアにも一緒に入らせてもらいましたが、別の患者さんと接する機会が多かったことはラッキーでした。実習が終わって1日しか関わっていない患者さんとさよならするときも泣いていた川下さん。そんな素直なやさしさも川下さんらしいですね。実習でいい気付きが得られたことを今後も活かしていってください。

※学年は取材時のものです

前のページに戻る