Department

戻る

看護学科

戻る

学科長メッセージ

看護学科長榊 惠子

笑いあり、涙あり、喜びあり。
共に分かち合いましょう

看護は身近にありますので、皆さんも看護を受けたり看護をしたりの体験を持っていらっしゃるでしょう。これまで皆さんの心に留まっている小さな看護の一場面の背景には、かけがえのない人への強い思いや人間関係、家族や社会があります。講義、グループワーク、実習を通して、専門的な視点から、自ら学ぶ質の高い教育環境のなかで、看護専門職を目指し、その面白さ、奥深さに触れてください。

看護学科 講師

安藤 里恵

対談

看護学科 3年

唐木 明香里

大学での学びについて教えてください

唐木

今は病院実習がメインで、実習では複数の診療科を訪問し、年齢や病状の異なる患者さん達に対するケアを学びます。実際に1人の患者さんを受け持ち、その患者さんにあった看護を実践します。成人看護学(急性期、慢性期)、小児看護学、精神看護学、リプロダクティブヘルスケアなど様々な領域の実習に行っていて、領域ごとに患者さんの特徴が違うので、その違いを感じながら実習を行っています。

先生から見た、唐木さんのいいところは?

安藤

唐木さんは誰に対しても温かく接していて、人を穏やかな気持ちにさせる力があると思います。落ち着いて考えながら物事をこなし、しっかりと報告・連絡・相談ができるので、安心して一緒に実習に行くことができましたし、唐木さんから学ぶこともありました。

学外実習で印象に残っていることはありますか?

唐木

患者さんがもつ疾患だけでなく、心理的側面や性格、社会的側面など、様々なことを理解したうえで、どのようなケアを行うか考えなければならないが大変でしたが、楽しさも感じました。患者さんに「ありがとう」、「あなたに担当してもらえてよかった」と言ってもらえる瞬間はうれしさを感じました。実習は大変なことも多いですが、その言葉で一瞬にしてその大変さが消えて、頑張ってよかったと思えます。こちらが一方的に看護しているのではなく、患者さんに助けられることもあって、大変な実習も乗り越えられるし、患者さんと関わる時間がすごく楽しくて、看護師という人と関わる職業の良さを感じることができました。

唐木さんへのアドバイスは?

安藤

今のままの唐木さんで、自信をもってどんどん経験を積み重ねていってほしいと思います。実習で見ていても、これまで積み上げてきた学習や経験がちゃんと身に付いていて、自分自身のやったことを振り返る力を持っていると感じました。それは人として、看護師としてすごく大切なことだと思います。

受験生へのメッセージをお願いします

安藤

本学では、教員一人一人が丁寧に学生と関わろうという姿勢で臨んでいますし、学生が考える力を大切にしています。ですので、本学で学ぶことで、自分自身で考えて行動できる力が身に付き、看護師として、人として成長していけると思います。看護師という仕事は肉体的、精神的に大変なこともありますが、患者さんに気持ちが伝わった瞬間など、喜びを感じることも多いです。自分のパワーを注ぎこむだけの価値がある仕事だと思います。

※学年は取材時のものです

前のページに戻る