Course

戻る

認定看護管理者教育課程 ファーストレベル

戻る

日本看護協会認定看護管理者教育課程ファーストレベルの修了を目指します。
病院、福祉施設等の看護管理者に必要な能力を拡大し、トータルヘルスケアサービスの向上に貢献できる人材を育成します。「ファーストレベル」では保健・医療・福祉施設等の看護管理に必要な基本的知識・技術を習得し、管理的態度を養うと共に、ヘルスケアサービスを提供するための組織化、ならびにその運営の一端を担う人材を育成します。

2020年度 課程の概要

  • (1)受講要件
    次のすべての受講要件を満たす者
  1. 日本国の看護師免許を有する者
  2. 看護師免許を取得後、実務経験が常勤(週40時間勤務)換算で5年以上ある者
  3. 管理業務に関心がある者
  • (2)資格等
    日本看護協会認定看護管理者教育課程ファーストレベル修了
  • (3)教育目的
    看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する。
  • (4)定員
    50名
  • (5)開講期間
    4月から9月
  • (6)開講曜日
    木曜・金曜、一部土曜
  • (7)履修時間数(必修)
    204時間
  • (8)授業料(必修のみの場合)
    61,000円(税込)
  • (9)選考方法
    書類選考(出願時に提出する「小論文」「入学願書」)

1年間の流れ

教員・教育担当者養成課程看護コース 1年間の流れの表
時期 主な流れ 内容
4月上旬 入学式
オリエンテーション
合同の入学式です。これから、9月までの6カ月間は、看護管理者としての役割と学生としての役割を担うことになります。
4月中旬 授業開始
人間関係論
久しぶりに自分の身体の声に耳を傾けてみます。そして、新しい仲間とふれあう体験を通して、多様性を認めうことを学びます。
4月下旬~7月 講義と演習 さまざまな経験を言語化し、仲間と共有し、さらに概念化していく過程を講義や演習を通して学んでいきます。(1月程度所属における問題を整理し課題を明確にするための期間があります。)
8月 発表会 半年間の学びを仲間と共有します。
9月下旬 卒業式 管理者としての自分を認め、学びを実践に活かすことを誓います。
前のページに戻る