Information

戻る

センター長あいさつ

戻る

ケアの現場で働く皆さん、実践教育センターで一緒に学びましょう!

センター長の写真
石原 美和
神奈川県立保健福祉大学
実践教育センター長

年初より、新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、保健・医療・福祉の専門職の皆さんは、患者や利用者、住民を守るため、未曽有の対応にご尽力されています。実践教育センターも現場の皆様にエールを送るとともに、教員らを、県庁対策本部や病院へ応援に派遣しております。この健康危機状況を、皆で情報共有し、連携することで乗越えていきましょう。

少子高齢化や人口減少により、保健医療福祉分野の専門職は、様々な課題の解決に向け、専門性を発揮し、多職種連携による全人的な対応が求められています。
実践教育センターは、神奈川県立保健福祉大学の附置機関として、大学の理念である「ヒューマンサービス」の実践を目指すとともに、保健医療福祉分野の専門職のためのキャリアアップに向けた現任者教育の場として活用いただいております。

本センターの特徴としては、大学と一体的な運営のもと、大学教授陣の授業や情報システム、横須賀と二俣川の図書館の利用ができる学習環境です。そして、長期の課程では、学習した内容を現場で振り返りながら確認できるよう、働きながら通学できるプログラムが好評です。修了後に資格が得られる厚生労働省認定の看護師と介護福祉士の教員養成講習会、実習指導者講習会をはじめ、学会や団体が認定する栄養ケア・マネジメント課程や認定看護管理者教育課程、感染管理認定看護師教育課程などを開講しています。また、本センター独自の多職種連携推進課程では、専門領域を超えた更なる質の高いケアの提供について学習できます。アレルギー対策や医療安全等の研修も神奈川県と共催しており、幅広い教育プログラムを提供しております。

実践教育センターで、各分野の最先端の講師陣や、他施設からの受講生との意見交換を通じて、自らの問題意識と向き合ったり、職場での課題の解決策を見つけてみませんか。ケアの現場で活躍する皆さんの責任感と向上心を基に、自己研鑽とさらなる成長に向けて、職員一同サポートします。

プロフィール

  • 神奈川県出身
  • 日本赤十字看護大学看護学部卒業 看護師、保健師
  • 筑波大学大学院修士課程体育学研究科健康教育学専攻修了
  • 虎の門病院勤務後、平成7年に厚生省入省
  • 看護・介護制度、医療安全対策、感染症対策、科学技術推進対策等に携わる
  • 平成29年宮城大学看護学研究科教授。令和2年4月に本学実践教育センター長、保健福祉学部教授に就任
  • 研究テーマは、地域包括ケアシステムでの医療機関や事業所と自治体の協働、および、高齢者施設や保育所における感染対策。
前のページに戻る