Career

戻る

卒業生Voice

戻る

Voice

科学的根拠に基づいた栄養サポートでアスリートや女性の生活を支えたい

独立行政法人日本スポーツ振興センター 国立スポーツ科学センター

片岡 沙織

栄養学科卒業

学生時代に真剣に取り組んだこと、熱中したこと、苦労したことを教えてください。

フルマラソンに挑戦するなど、学習した内容を実践につなげることに熱中していました。また、ゼミの指導教官である鈴木志保子先生の下、選手の栄養サポート活動や研究に真剣に取り組んでいました。

卒業後の進路を決められたのはいつ頃ですか。

高校1年生の時にスポーツ栄養に携わる職業に就きたいと思い、就職先を考えているときに国立スポーツ科学センターの公募を見つけました。条件として修士課程を修了しておく必要があったため、漠然と大学院に進学しようと考えていたところ、私が在学中に大学院保健福祉学研究科が開設されたため、引き続き大学院で勉強しようと考えるようになりました。

卒業研究のテーマと概要を教えてください。

テーマ:「大学野球部選手の食事傾向及び試合当日の栄養補給に関する研究」

選手の食事の課題を明らかにし、試合当日における栄養補給の時間帯や内容について、選手が自分自身で調節できるようになることの重要性を見出すことができました。また修士課程では消防職員を対象に「災害現場における水分補給法の確立に関する研究」をテーマに、熱中症対策として現場活動における水分補給の重要性を明らかにしました。

大学での学びを通じて、ご自身が成長されたと感じる点をお聞かせください。

大学の授業やゼミでの活動、臨地実習を通じて、課題を解決するための考え方を身に付けることができました。また、自分の考えを言葉にすることがあまり得意ではありませんでしたが、自分自身の短所と向き合い改善できたことは、大学での学びが活かされていると思います。

現在のお仕事でご担当されていること、大学での学びを活かせると感じる部分をお聞かせください。

スポーツ庁の委託事業であるハイパフォーマンス・サポート事業において、日本選手団が東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会でメダルを獲得することができるよう、他分野と連携し、栄養面からサポートを行っています。過去には病院での勤務や大学教員を経験してきましたが、授業や実習、研究活動など、大学での学びが経験となり、現職を含め、さまざまな職種で活動できていると感じています。

今後ご自身が挑戦したいと思うことをお聞かせください。

栄養や食事に関する情報が世の中に溢れている中で、科学的根拠に基づいたサポートの重要性を感じています。自分自身の情報を日々アップデートしながら、選手が最大限のパフォーマンスを発揮する一助となるような栄養サポートを提供していきたいと考えています。また、女性における極度の痩せやエネルギー不足を改善し、アスリートだけでなく健康的な女性が増えるための取り組みも行っていきたいと考えています。

大学の好きなところを教えてください。

本学の栄養学科は、他の管理栄養士養成校と比べ臨地実習が多いため、現場をより多く経験することができます。管理栄養士になるという目標をしっかりと持ち続けることで、自分の道を確実に切り開くことができるところは、この大学の魅力だと思います。

これからの受験生や後輩のみなさんへメッセージをお願いします。

管理栄養士になるために多くのことを学ぶカリキュラムは、大変だと感じる事もあるかもしれません。しかし、この4年間の取り組みが、確実に今後、皆さんの力となり支えとなります。また、目標がある学生を親身になって応援してくれる先生方や、同志である友人の存在も大変貴重な存在です。大学生活はあっという間ですので、自分の身体は食べたもので作られていることを忘れず、まず自分自身が日々の学びを実践することを大切にしてほしいです。

前のページに戻る