Department

戻る

カリキュラム・シラバス・時間割(博士後期課程)

戻る

博士後期課程

カリキュラム

本学博士課程では「ヒューマンサービスとは何か」という大きな問いについて、学術的な探求のみならず、複数領域のディスカッションにより深めていきます。保健・医療・福祉分野において、新たなサービスやケアの開発、保健人材の育成や政策提言など、この分野の発展に寄与し、実践現場に変革をもたらす研究成果を産出する力を身につけることを目的としたカリキュラムを設定しています。

保健福祉共通科目

保健・医療・福祉の全体的な理解と総合連携の基盤になる理論・考え方、システムについて学びます。

科目例

対人援助特論(必修)、サービス評価研究特論、多職種連携システム開発演習など

 

保健福祉専門科目・演習科目

保健福祉専門科目では、専門領域を科学的にとらえ、研究を推進するための知識や能力を獲得します。また、演習科目では、 専門科目の学びを自らの専門性や研究テーマに関連づけ、より実践的に研究能力を高める内容を演習スタイルで学修します。

科目例

看護系:成長発達期健康看護特論、療養期健康看護演習 など
栄養系:食品健康科学特論、保健福祉栄養評価演習 など
社会福祉系:医療社会福祉実践・政策特論、日英高齢者福祉政策論演習など
リハビリテーション系:リハビリテーション病態解析学特論、リハビリテーション認知学習行為学演習 など

 

保健福祉研究科目

博士論文を作成します。研究指導は、指導教員1名と指導補助教員の2名により行い、指導補助教員のうち1名は、指導教員と異なる専門系で、博士論文の指導を担当できる教員があたります。

保健福祉学研究科保健福祉学専攻博士後期課程 論文評価基準および最終試験基準

シラバス

時間割

前のページに戻る