Department

戻る

リハビリテーション学科

戻る

class
report

リハビリテーション学科理学療法学専攻の授業を紹介

基礎運動療法学

リハビリテーション学科

基礎運動療法学

  • 講義・演習
  • 1年次

運動療法の原理や基礎的な治療技術を習得

身体に障がいを持つ人に対して、各種運動を行うことでその能力を改善させる治療法を学びます。身体のすべての関節を動かす関節可動域運動、筋力を増強するための運動、持久性を高めるための運動、協調性を高めるための運動などを行います。運動の方法に関わる理論、患者の持つ各種の病態と、その治療技術を習得します。

その他の授業もチェック

[理学療法学専攻]
動作解析学

  • 講義・演習
  • 3年次

運動の測定・解析・考察から
動作のメカニズムを学ぶ

3次元動作解析装置を使用して、歩行中の運動学、運動学データを測定します。これらを解析するとともに、身体運動学に基づく考察を行うことで歩行動作のメカニズムを学習します。

[理学療法学専攻]
物理療法学

  • 講義・演習
  • 3年次

物理療法の種類や特性、
治療方法を理解する

物理療法とは、熱や水、電気、光など、物理的エネルギーを用いて、患部の痛みの緩和や循環の改善、リラクゼーションを行う治療法です。この治療に用いる機器の特性や、治療方法について学びます。

[理学療法学専攻]
呼吸・代謝系運動療法学

  • 講義・演習
  • 3年次

呼吸器疾患や代謝疾患に対する
運動療法を理解する

慢性閉塞性肺疾患や外科手術後の呼吸器障害、糖尿病に対する運動療法について学習します。また、より高度なリスクマネジメントが求められる集中治療室における運動療法や喀痰の吸引操作、食事による血糖値の変化と運動の効果についても学びます。

カリキュラム 理学療法学専攻

リハビリテーション学科(理学療法学専攻)を卒業するためには、130単位以上を修得する必要があります。また、カリキュラムは変更になる場合があります。

 

※赤文字の科目は必修科目です

象徴科目
象徴科目
1年次 2年次 3年次 4年次
ヒューマンサービス論Ⅰ     ヒューマンサービス論Ⅱ

 

人間総合教育科目
人間総合教育科目
1年次 2年次 3年次 4年次
人間関係とコミュニケーションⅠ
人権・ジェンダー
統計学
文献検索とクリティーク
     
英語(英会話Ⅰ)/英語(講読)/英語(保健医療福祉のための英語Ⅰ)/​英語(保健医療福祉のための英語Ⅱ)/倫理と人間/宗教と人間/哲学/教育原論/心理学/発達心理学/人間関係とコミュニケーションⅡ/健康スポーツ/バリアフリースポーツ/創作・造形活動/日本国憲法/社会学/現代社会と危機管理/ボランティア・市民活動論/歴史と人間/生活と経済/神奈川の生活と文化/文化人類学/法と人間/科学と人間/環境学/物理学/化学概論/基礎有機化学/基礎有機化学実験/生物学概論/細胞生物学/生物学基礎実験/多文化理解/国際社会と日本/コリア語(基礎)/コリア語(応用)/スペイン語(基礎)/スペイン語(応用)/中国語(基礎)/中国語(応用)/情報の活用と倫理/情報処理学Ⅰ/情報処理学Ⅱ 英語(総合英語)/英語(英会話Ⅱ)    

 

連携実践教育科目
連携実践教育科目
1年次 2年次 3年次 4年次
健康論
保健医療福祉論Ⅰ
公衆衛生学
薬の基礎科学
保健医療福祉論Ⅱ
救命・救急学概論
地域保健医療福祉連携論 ヒューマンサービス総合演習
 
感染の予防と管理、口腔健康論 疫学・社会調査、カウンセリング論、医用機器概論、家族社会学   保健福祉行政論

 

専門創造教育科目
専門創造教育科目
1年次 2年次 3年次 4年次

解剖学Ⅰ
解剖学Ⅱ
生理学Ⅰ
生理学Ⅱ
運動学Ⅰ
運動学Ⅱ
人間発達学
病理学概論
一般臨床医学
リハビリテーション概論
理学療法学概論
理学療法学概論演習
機能障害評価学総論
基礎運動療法学
理学療法見学実習

解剖学実習Ⅰ
解剖学実習Ⅱ
生理学実習
運動学演習
臨床心理学
精神医学Ⅰ
内科学Ⅰ
内科学Ⅱ
整形外科学Ⅰ
神経内科学
小児科学
脳神経外科学
リハビリテーション医学
臨床運動学
中枢神経系機能障害評価学
筋・骨格系機能障害評価学
機能評価学演習
筋・骨格系運動療法学
日常生活活動学
日常生活活動学演習
義肢装具学
生活環境学

動作解析学
整形外科学Ⅱ
理学療法学研究法
理学療法学研究法演習
理学療法管理学Ⅰ

理学療法管理学Ⅱ
電気生理評価特論
動作画像分析学
成人中枢神経系運動療法学
小児中枢神経系運動療法学
呼吸・代謝系運動療法学
循環器系運動療法学
中枢神経系運動療法学演習
筋・骨格系運動療法学演習
物理療法学
物理療法学演習
スポーツ理学療法学特論
義肢装具学演習
精神疾患系理学療法学特論
理学療法過程論
理学療法対象者行動論
高次脳障害論
特定疾患理学療法特論
地域理学療法学
リハビリテーション工学(福祉機器を含む)

徒手療法特論
中枢神経系疾患アプローチ特論
終末医療特論
産業リハビリテーション特論
音楽療法
園芸療法
ハンドセラピー
感覚運動アプローチ論
評価学実習
地域理学療法見学実習

総合臨床実習Ⅰ
総合臨床実習Ⅱ

 

卒業研究

4年次に卒業研究があります(必修科目)

 

作業療法学専攻のカリキュラム・シラバス

class
report

リハビリテーション学科作業療法学専攻の授業を紹介

遊び・余暇活動治療学

リハビリテーション学科

遊び・余暇活動治療学

  • 講義・演習
  • 3年次

「遊び」や「余暇活動」を活用した作業療法を習得

人間のライフサイクルに応じて、「遊び」や「余暇活動」を活用しながら、作業療法の治療的効果について学びます。それぞれの効果について理解するとともに、作業療法視点からレクリエーション活動の実施における指導や援助方法について学び、実践する力を身につけます。

その他の授業もチェック

[作業療法学専攻]
基礎作業学実習

  • 講義・演習
  • 1年次

基本的な作業療法を
体験しながら学ぶ

人間のライフサイクルに応じて、「遊び」や「余暇活動」を活用しながら、作業療法の治療的効果について学びます。それぞれの効果について理解するとともに、作業療法視点からレクリエーション活動の実施における指導や援助方法について学び、実践する力を身に付けます。

[作業療法学専攻]
義肢装具学

  • 講義・演習
  • 3年次

義肢・装具に関する総合的な学び

義手やスプリントといった、手や足などの身体機能を補い日常生活の動作をサポートするツールとしての、義肢や装具に関する基本的知識と製作・適合技術を習得します。

[作業療法学専攻]
日常生活援助論演習

  • 講義・演習
  • 3年次

疾患のある方の
日常生活を支える知識・技術を習得

さまざまな疾患を持つ方々が、日常生活を円滑に送ることができるようサポートするために、それぞれの疾患の特徴や支援方法について学習します。実際に障害のある方々をお招きして授業を行う回もあります。

カリキュラム 作業療法学専攻

リハビリテーション学科(作業療法学専攻)を卒業するためには、127単位以上を修得する必要があります。また、カリキュラムは変更になる場合があります。

 

※赤文字の科目は必修科目です

象徴科目
象徴科目
1年次 2年次 3年次 4年次
ヒューマンサービス論Ⅰ     ヒューマンサービス論Ⅱ

 

人間総合教育科目
人間総合教育科目
1年次 2年次 3年次 4年次
人間関係とコミュニケーションⅠ
人権・ジェンダー
文献検索とクリティーク
統計学
     
英語(英会話Ⅰ)/英語(講読)/英語(保健医療福祉のための英語Ⅰ)/英語(保健医療福祉のための英語Ⅱ)/倫理と人間/宗教と人間/哲学/教育原論/心理学/発達心理学/人間関係とコミュニケーションⅡ/健康スポーツ/バリアフリースポーツ/創作・造形活動/日本国憲法/社会学/現代社会と危機管理/ボランティア・市民活動論/歴史と人間/生活と経済/神奈川の生活と文化/文化人類学/法と人間/科学と人間/環境学/物理学/化学概論/基礎有機化学/基礎有機化学実験/生物学概論/細胞生物学/生物学基礎実験/多文化理解/国際社会と日本/コリア語(基礎)/コリア語(応用)/スペイン語(基礎)/スペイン語(応用)/中国語(基礎)/中国語(応用)/情報の活用と倫理/情報処理学Ⅰ/情報処理学Ⅱ 英語(総合英語)/英語(英会話Ⅱ)    

 

連携実践教育科目
連携実践教育科目
1年次 2年次 3年次 4年次
健康論
保健医療福祉論Ⅰ
公衆衛生学
薬の基礎科学
保健医療福祉論Ⅱ
救命・救急学概論
地域保健医療福祉連携論 ヒューマンサービス総合演習
 
感染の予防と管理、口腔健康論 疫学・社会調査、カウンセリング論、医用機器概論、家族社会学   保健福祉行政論

 

専門創造教育科目
専門創造教育科目
1年次 2年次 3年次 4年次

解剖学Ⅰ
解剖学Ⅱ
生理学Ⅰ
生理学Ⅱ
運動学Ⅰ
人間発達学
病理学概論
一般臨床医学
リハビリテーション概論
作業療法概論
基礎作業学実習
評価学概論
作業適用学

介護技術方法論

解剖学実習Ⅰ
解剖学実習Ⅱ
生理学実習
作業運動学
運動学演習
臨床心理学
精神医学Ⅰ
精神医学Ⅱ
内科学Ⅰ
内科学Ⅱ
整形外科学Ⅰ
神経内科学
小児科学
脳神経外科学
リハビリテーション医学
精神機能評価学
身体機能評価学Ⅰ
身体機能評価学Ⅱ
発達系評価学
精神障害作業療法学
身体障害作業療法学Ⅰ
発達障害作業療法学
老年期作業療法学
日常生活援助論
日常生活援助論演習

評価学演習

見学評価学実習

整形外科学Ⅱ
作業療法研究法
精神障害作業療法学演習
身体作業療法学Ⅱ
身体障害作業療法学演習
高次脳障害論
発達障害作業療法学演習
老年期作業療法学演習
義肢装具学
遊び・余暇活動治療学
リハビリテーション工学(福祉機器を含む)
就業援助論
地域作業療法学
地域作業療法学演習

徒手療法特論
中枢神経系疾患アプローチ特論
終末医療特論
産業リハビリテーション特論
音楽療法
園芸療法
ハンドセラピー
感覚運動アプローチ論
臨床作業療法学実習
評価学実習
総合臨床実習Ⅰ

作業療法理論
総合臨床実習Ⅱ
地域リハビリテーション実習

 

卒業研究

4年次に卒業研究があります(必修科目)

 

理学療法学専攻のカリキュラム・シラバス
前のページに戻る