Information

戻る

本学の沿革

戻る

神奈川県立保健福祉大学のあゆみ

本学は、県が平成9年に策定した総合計画「かながわ新総合計画21」の中で、保健医療福祉の人材づくりが重点プロジェクトとして位置づけられたことにより、保健・医療・福祉の総合的人材を養成する新たな拠点として整備され、開学しました。

神奈川県立保健福祉大学の設置からこれまで
年月日 できごと
平成9年 4月 かながわ新総合計画21スタート
衛生部衛生総務室内に人材養成拠点整備担当を設置
平成12年 4月 衛生部内に県立大学開学準備課を設置
平成14年 12月19日 文部科学省大学設置認可
平成15年 4月1日 神奈川県立保健福祉大学開学
平成19年 4月1日 神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科(修士課程)開設
平成24年 12月27日 開学10周年記念式典挙行
平成25年 1月4日 神奈川県立保健福祉大学の将来構想を策定
11月 地域貢献研究センター開設
平成29年 4月1日 神奈川県立保健福祉大学大学院博士課程開設
平成30年 4月1日 公立大学法人神奈川県立保健福祉大学へ移行
平成31年 4月1日 神奈川県立保健福祉大学大学院ヘルスイノベーション研究科開設
イノベーション政策研究センター開設

神奈川県立栄養短期大学の歴史

神奈川県立栄養短期大学は、昭和20年4月に神奈川県立栄養士養成所として発足して以来、時代の要請にかなった資質豊かな6千余名もの栄養士を世に送り出してきました。本学への再編統合に伴い、平成16年3月に閉学となりました。

開学から閉学まで

神奈川県立栄養短期大学の設置からこれまで
年月日 できごと
昭和20年 4月19日 横浜市南区中村町3の185に「神奈川県立栄養士養成所」設置。生徒定員100名。修業年限1か年
7月 神奈川県中央衛生試験場で入所式挙行
横浜市保土ケ谷区桜ケ丘399に移転
8月 箱根仙石原健民修錬所に疎開。終戦を迎え一時休校状態に
9月17日 授業再開のため保土ケ谷農耕地に参集
昭和21年 6月26日 第1期生51名卒業
昭和23年 12月 「神奈川県立栄養専門学院」に改称
昭和25年 4月1日 修業年限を2か年に変更
昭和26年 4月1日 生徒定員1、2学年各70名
昭和28年 1月31日 神奈川栄養短期大学(栄養科)設置認可。修業年限2か年。入学定員80名
6月11日 開学式挙行。この日を創立記念日と定める
昭和29年 3月31日 神奈川県立栄養専門学院廃校
4月 中学校保健科の教職課程導入
昭和30年 4月1日 入学定員100名とする
昭和35年 11月 学友会企画の栄大祭挙行
昭和36年 2月1日 神奈川県立栄養短期大学と改称
昭和39年 4月 ゼミナール制度発足
昭和41年 4月1日 学科を食物栄養科に改称。入学定員135名とする
昭和46年 第1回あじ祭挙行(57年まで続く)
昭和48年 11月 開学20周年記念誌刊行
昭和54年 4月19日 創立記念日を栄養士養成所設置の4月19日に変更
9月 第1回公開講座を開講
昭和60年 11月 創立40年記念式典挙行。40周年記念誌刊行
平成7年 11月 創立50年記念式典挙行。50周年記念誌刊行
平成12年 保健福祉大学構想にともない閉学確定。平成12年度入学生より教職課程廃止
平成14年 4月 最後の入学生をむかえる
平成15年 12月 閉学記念誌刊行
平成16年 3月 閉学記念式典挙行。閉学

神奈川県立衛生短期大学の歴史

神奈川県立衛生短期大学は、昭和42年4月の開学以来、看護師、臨床検査技師、保健師、養護教諭等として活躍する総計5,500名余りもの卒業生・修了生を輩出してきました。本学への再編統合に伴い、平成16年3月に閉学となりました。

開学から閉学まで

神奈川県立衛生短期大学の設置からこれまで
年月日 できごと
昭和39年 4月1日 准看護婦養成課程を持つ神奈川県立二俣川高等学校が横浜市中区立野64の仮校舎にて開校
10月1日 教育庁総務課で短大設立の調査を開始
昭和40年 10月29日 横浜市保土ケ谷区中尾町50-1(旭区中尾1-5-1(現 実践教育センター校地))に移転
昭和42年 1月23日 神奈川県立衛生短期大学(衛生看護科)設置認可
3月27日 養護教諭2級免許の取得改定として認可
4月1日 神奈川県立衛生短期大学開学。二俣川高等学校を衛生短期大学付属二俣川高等学校に改称
4月18日 看護婦国家試験受験資格を得ることができる学校として指定
第1回入学式挙行。入学生123名
6月12日 開学式挙行。この日を創立記念日と定める
11月29日 学友会の設立総会・全学パーティを挙行
昭和43年 11月2日 第1回みゆき祭挙行(平成5年まで実施)
昭和44年 2月8日 衛生技術科設置認可
4月1日 衛生技術科開設
6月17日 衛生技術科が衛生検査技師学校として指定
昭和45年 4月11日 同窓会(みゆき会)発足
昭和49年 4月1日 衛生技術科の修業年限を3年に変更。臨床検査技師国家試験受験資格を得ることができる学校として指定
昭和54年 11月8日 第1回公開講座を開講
昭和56年 10、11月 創立15年記念誌刊行。創立15周年記念式典挙行
平成元年 4月1日 聴講生制度開設
平成3年 4月1日 衛生看護科養護コースを入学停止し、看護コースを80人から120人に定員増
平成4年 4月1日 専攻科(保健学専攻)が保健婦学校・養護教諭養成機関として指定。専攻科開設
2月19日 衛生看護科・専攻科の男女共学化に伴い初の男子受験(平成9年初の男子学生入学)
平成8年 3月、4月 聴講生制度廃止、科目等履修生制度開設
平成12年 3月 15年度末の閉学を前提に全科の募集停止を決定
平成14年 4月1日 衛生技術科の入学停止。付属二俣川高等学校の准看護師養成課程の入学停止
平成15年 4月 最後の入学生(専攻科)をむかえる。付属二俣川高等学校が二俣川看護福祉高等学校に改称
平成16年 3月 閉学記念誌刊行。最後の卒業・修了式挙行。閉学記念式典挙行。閉学
前のページに戻る