大学紹介

平成28年度入学式での中村学長式辞

2016年4月5日

入学式での学長式辞の様子

 御入学おめでとうございます。

 皆さんが、神奈川県立保健福祉大学を選んでいただいたことに、心から感謝申し上げます。本日、学部入学者240名、大学院入学者21名、計261名が入学しました。本日から、同じ志を持った者が、横須賀のこのキャンパスに集合し、一緒に学ぶことになります。
 高校までは、どちらかというと学ぶ意義や方法を学びました。大学からは、その方法を基に、それぞれの目的をもって学ぶことになります。大学での学びは、皆さんが小学校から始めた学ぶ課程の最終段階となります。従って、大学は、人類が知りえたことを知り、知りえなきことも探求し、最終的には社会に役立たせる方法を提案する役割を持っています。

 近年、大学は、科学技術を発展させる場となり、人類が抱える多くの問題を解決することに貢献しました。21世紀に入って、その役割はますます増大することが予測されます。しかし、科学技術は、同時に新たな課題も生み出しています。例えば資源の枯渇、環境破壊、医療費や介護費の増大、地域や経済の格差等です。これらは、地球規模の問題にも発展し、人類の存続自体を脅かすものになりつつあります。私たちは、未来のために、学問の力を通じて、これらの諸問題の解決に貢献する責任があり、皆さんが、本日、学生になったことは、その一員になったことを意味します。

 私共が専門とする保健、医療、福祉が今日抱える課題は、いずれも難問で、一つの専門領域で解決できる問題ではありません。大学では、ヒューマンサービスを理念にし、多領域、多職種が連携、協働することにより、これらを解決し、いろいろな疾患や障害をもつ人々の人権が尊重され、だれも健康で幸せになれることが保障される社会を目指していきましょう。

 私は、最近、現代社会が抱える問題は、従来の科学が信じた原則では解決できないかもしれないと思い始めています。
 皆さんは、トンボがそよ風の中で、なぜ、飛べるかご存知ですか?飛行機が飛ぶ秘密は、翼の形にあります。上の方が山のような形になって、強い風が流れると空気が遠回りして薄くなるので、薄い方に羽根が引き寄せられて揚力が起こり、飛行機が空に浮くのです。そのために、高速で風を切ることが必要で、表面をつるつるに磨いた翼と膨大なエネルギーが必要になります。 実は、トンボの羽根の表面は、つるつるではなく不規則な凸凹があることが解ってきました。この凸凹があるが故に、翼の表面に数多くの小さな渦巻ができ、その力により、そよ風でも飛ぶことが出来るそうです。最近、不規則な凸凹を持った羽根で作った風力発電機は、そよ風でも効率的に発電するので、環境問題の解決にも役立つのではないかと期待されています。ところが、この不規則な凸凹は、複雑で、科学的法則性を見出すことができないのです。

 従来、私たちは、自然の現象の中で、多様で、複雑なものは解釈が難しく、排除してきました。「原因はこれだ」と見つけ出すことが、価値あることだと教えられ、それを大発見といいました。しかし、現実の世界は、直接的原因が解らない難問が多く、むしろ、これからは、複雑であることを尊重し、さまざまな異なった観点から知恵を出し合い、現実をそのまま受け入れる論理が必要になりつつあるのではないでしょうか。

 そして、この事は、むしろ日本人に向いているのではないかと考えています。それは、我々自身が、多様で複雑な民族だからです。日本人は、約2万年前、縄文文化を誕生させて、その後、大陸からの弥生人が移民してきました。当時、お互いに外国人であり言語や文化は異なっていました。しかし、先住者が侵入者を排除するわけでもなく、侵入者が侵略することなく、融合して新たな日本人を作ったのです。その後、海外から幾度となく他民族が訪れますが、融合を繰り返し、現在の様に、多様な遺伝子を持ち、多少、非合理的で不便なことも、現実を認め、混乱なく、平和で、穏かな国を作ってきました。

 例えば、言葉は、漢字、ひらがな、カタカナの3つの言語を使い分け、英語の「be」にあたる動詞に対しても、人や動物は「いる」といい、建物や机のような物は「ある」といい、物の数え方も、鉛筆が1の時は、1ポンと言い、2の時は2ホンといい、3の時は3ボンといい、4つになればまたホンといいます。何の規則性がないまま巧みに使い分けているのです。

 皆さんは、いずれは、限られた専門領域の知識や技術を習得し、それを職業とします。しかし、その前に、人間として、特に日本人として、他者を理解して受け入れる寛容さや、多様性を尊重する文化を十分学んでほしいと思っています。このことが、広い視野を持ち、深く物事が考察できる、素晴らしい専門職となる基盤になるからです。大いに期待しています。

 本日は、本当におめでとう。

 

保健福祉大学長
中村 丁次

 

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ