マルゴリスヘルスケア政策センターとの 覚書締結記念セミナー開催

2019年8月27日

 公立大学法人神奈川県立保健福祉大学イノベーション政策研究センター※は、保健医療や健康分野におけるイノベーションについて、研究や事業運営面で相互に協働していくため、米国デューク大学マルゴリスヘルスケア政策センターと、令和元年9月に覚書を締結することになりました。
 この度のデューク大学マルゴリスヘルスケア政策センターとの覚書の締結を記念して、9月18日、日本橋ライフサイエンスビルディングにおいてセミナーを開催します。

 

1 日時

令和元年9月18日(水)午後3時00分から午後5時00分 ※開場:午後2時30分

2 会場

日本橋ライフサイエンスビルディング 2階 201会議室
東京都中央区日本橋本町2丁目3−11

3 テーマ

「自治体発ヘルスイノベーションの実現 -日米における新たな潮流-」

4 参加・定員

製薬・医療機器メーカー、ヘルスケア関連企業、大学・研究機関、行政機関等
60名程度(要事前申し込み)

※申込方法や当日のプログラムなどは下記の資料をご覧ください。

開催概要

記者発表資料

 

※イノベーション政策研究センターは、本年4月に設置されたヘルスイノベーション研究科(SHI)の教育研究の取組を活かしつつ、政策立案の支援や学術研究・社会実装の推進に機動的に対応するため、全学の附置機関として設置された、シンクタンク機能を担う組織です。保健・医療・福祉に関する政策的研究及び提言を行うとともに、様々なステークホルダーとの協働を通じて、革新的な未病産業・ヘルスケア産業の活性化の推進及び学術的な研究と実社会の課題とのマッチングを行うことで、社会が実際に活用可能な成果の創出を目指します。

このページの先頭へ