大学院ヘルスイノベーション研究科(仮称)の設置について

2017年9月27日

大学院ヘルスイノベーション研究科(仮称)の設置について

 県立保健福祉大学は、平成31年度に、新たな大学院であるヘルスイノベーション研究科(仮称)の設置を構想中です。
 ここでは、公衆衛生学を基盤としながら、保健医療に関するテクノロジー、ビジネス、行政政策など、超高齢社会の課題を解決する能力を養う教育課程を、日本語・英語の両方で実施します。
 ヘルスイノベーションに関して、学問分野や職域を超えた理論構築と研究成果の発信を行い、同時に、日本のみならず世界に向けた神奈川県のシンクタンク機能となることを目指します。

県立保健福祉大学大学院 ヘルスイノベーション研究科(仮称)の概要

○ 設置時期:平成31(2019年)年度

○ 設置場所:神奈川県川崎市川崎区殿町3丁目

○ 修業年数:2年

○ 授業時間:平日夜間・土曜が中心

○ 入学定員:1学年15人

○ 取得学位:修士(公衆衛生学)

○ 履修言語:日本語、英語

*上記の内容は予定であり、変更となる場合があります。
*ヘルスイノベーション研究科に関する過去のイベント等は、下記リンク先をご参照ください。(神奈川県のページにリンクしています。)

国際的な医療人材の育成に向けた取組み

問合せ先

神奈川県政策局ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室
メディカル・イノベーションスクール設置準備グループ
ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室への問い合わせフォーム
電話:045-285-0777
FAX:045-210-8865

このページの先頭へ