学部

渡邉 眞理(Mari Watanabe)

2017年6月2日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 看護学科

職位

准教授

略歴等

最終学歴・学位

北里大学大学院看護学研究科がん看護分野修士CNSコース(看護学修士)

主な職歴

年月日所属
1977年4月 神奈川県立成人病センター(1980年3月)
1981年4月 神奈川県立厚木病院 助産師(1983年3月)
1984年4月 神奈川県立平塚看護専門学校(1987年3月)
1987年4月 神奈川県立がんセンター(1993年3月)
1993年4月 神奈川県立看護教育大学校 看護教員養成課程(1998年3月)
1998年4月 神奈川県立がんセンター看護師長、副看護局長を経る
2010年4月 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立がんセンター 看護局長(2015年3月)
2015年4月 地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立がんセンター 副院長(2016年3月)
2016年4月 至現職

専門等

専門分野

看護管理
がん看護

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

看護管理学
看護とキャリアデベロップメント
看護関係法規
統合実習
保健医療福祉論1
ヒューマンサービス総合演習

研究テーマ

看護師長の育成
がん患者の療養支援・相談支援
がん看護の病棟運営
緩和ケア

 

主な所属学会・審議会等

日本がん看護学会
日本看護管理学会
日本看護科学学会
日本緩和医療学会
日本専門看護師協議会

研究等

主な社会・地域活動

公益社団法人日本看護協会 教育委員会委員(2017.4.1現在)
公益社団法人日本看護協会
看護職賠償責任保険制度運営委員会委員(2017.4.1現在)
東京都がん診療連携拠点病院等選考委員会委員(2017.4.1現在)
横須賀市立病院運営委員会委員(2017.4.1現在)
一般社団法人日本がん看護学会 がん看護技術開発委員会委員(2017.4.1現在)
公益社団法人神奈川県看護協会緩和ケア
認定看護師教育課程教員会委員(2017.4.1現在)
公益社団法人神奈川県看護協会認定看護管理者養成課程 ファーストレベル、セカンドレベル講師(2017年度)
NPO法人 がん医療研修機構 副理事長(2017.4.1現在)
NPO法人 抗がん剤暴露対策協議会 副理事長(2017.4.1現在)
看護師のための神奈川緩和ケア研究会代表(2017.4.1現在)

主な論文・著書

論文

  • 渡邉眞理,吉村由枝,矢野久美子,松永みどり,岡本直幸(1993)『骨髄移植を受けた患者のQOL』.日本がん看護学会誌.
  • 近藤奈緒子,清水小織,渡邉眞理 他,(2004)『乳房温存療法で放射線治療中の外来乳がん患者の日常生活上の困難』.日本がん看護学会誌.
  • 渡邉眞理 ,遠藤恵美子(2005)『外来で化学療法を受ける乳がん患者のセルフケアを促すプログラム作成過程から得られた示唆-嘔気・嘔吐の予防のためにイメージ法を用いて』.日本がん看護学会誌.
  • 渡邉眞理 ,清水奈緒美(2011)『がん患者を対象とした看護師による医療連携の調整に関する研究』.第8回佐川看護特別研究助成報告書.

著書

  • 松木光子編集,佐藤蓉子,渡邉眞理(2010) 『看護倫理学,看護実践における倫理的基盤,倫理的意思決定モデル』.ヌーベルヒロカワ.
  • 坪井正博監修,渡邉眞理 ,坪井香編集(2012)『ナースのためのやさしくわかる化学療法のケア』.ナツメ社
  • 渡邉眞理 (2013)『周手術期看護論、パートⅢ事例集、術式選択に混乱をきたした乳がん患者の看護』.ヌーベルヒロカワ.
  • 渡邉眞理 (2014)『厚生労働省委託事業 がん医療に携わる看護研修事業 看護師に対する緩和ケアテキスト,専門家への橋渡し・連携』.公益社団法人日本看護協会.
  • 日本がん看護学会監修.渡邉眞理,清水奈緒美編集(2015)『がん看護実践ガイド がん患者へのシームレスな療養支援』.医学書院.
  • 渡邉眞理 (2014)『互いの実践から気づきを得る取り組み 看護師長間シャドーイング研修』.看護管理.医学書院.

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ