学部

城川 美佳(Mika Kigawa)

2018年5月7日

所属

所属(学科)

保健福祉学部人間総合科
大学院保健福祉学研究科

職位

講師

略歴等

最終学歴・学位

1985年 北里大学衛生学部 卒業
学位:博士(医学)

主な職歴

年月日 所属
1985年4月 東邦大学医学部 助手、助教(~2010年6月)
2010年7月 順天堂大学医学部 協力研究員(~2018年3月)
2011年7月 富山大学附属病院 専門医養成支援センター コーディネーター(~2013年3月)
2013年4月 富山大学医学部 助教(~2017年3月)
2017年4月 現職

専門等

専門分野

公衆衛生学
疫学
社会調査
ヘルスリテラシー
リスクコミュニケーション

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

統計学
疫学・社会調査
公衆衛生学
研究法1・2 等

研究テーマ

在日外国人におけるヘルスリテラシー
健康関連情報の提供手法
社会調査法の検討

主な所属学会・審議会等

日本公衆衛生学会 代議員(2017年~)
日本健康学会 評議員(1990年~)
日本健康学会 編集委員(2018年~)
日本行動計量学会 広報委員(2009年~2014年)

研究等

主な社会・地域活動

日本歯科衛生士会主催「特定保健指導-食生活改善指導担当者研修」講師(2016年10月9日)
かながわ国際交流財団主催「カフェ・インテグラル」講師(2018年2月3日)
The 7th Annual Course on School Health and Nutrition Programme in Asia 講師(2018年2月11~17日) 

論文

  • Yoneda, S., Shiozaki, A., Yoneda N., Samejima A., Ito M., Shima T., Nakashima A., Yoshino O., Kigawa M., Takamori R., Shinagawa Y., Saito S.: A Yolk Sac Larger Than 5mm Suggests an Abnormal Fetal Karyotype, Whereas an Absent Embryo Indicates a Nomal Fetal Karyotype. J. Ultrasound Med. Doi: 10.1002/jum.14467,
  • Hamazaki K., Takamori A., Tsuchida A., Kigawa M., Tanaka T., Ito M., Adachi Y., Saito S., Origasa H., Inadera H., JECS Group: Dietary Intake of Fish and n-3 polyunsaturated fatty acids and risks of perinatal depression: The Japan Environmental and Children's Study. J. Psychi. Res. 98: 9-16, 2017
  • Yoneda N., Yoneda S., Niimi H., Ito M., Fukuta K., Ueno T., Ito M., Shiozaki A., Kigawa M., Saito S.: Slude Reflects Intra-amniotic Inflammation with or without Microorganisms. Am. J. Reprod immunol. Doi: 10.1111/aji.12807, 2017

 

このページの先頭へ