学部

木村 芳滋(Yoshishige Kimura)

2016年5月25日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 人間総合・専門基礎担当
大学院保健福祉学研究科

職位

准教授

略歴等

最終学歴・学位

京都大学大学院博士後期課程・博士(理学)

主な職歴

年月日所属
1993年4月 学術振興会特別研究員(DC)
1995年4月 熊本大学大学院医学研究科 助手
1998年4月 株式会社ヘリックス研究所
2000年11月 東京医科歯科大学難治疾患研究所 助手
2004年1月 Mount Sinai Hospital Samuel Lunenfeld Research Institute
2008年6月 三菱化学生命科学研究所
2009年4月 浜松医科大学 特任研究員
2011年8月 浜松医科大学 特任助教
2015年4月 現職

専門等

専門分野

解剖学
細胞生物学
発生生物学
分子遺伝学

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

解剖学
解剖学実習
人体構造学
人体構造学実験
体のしくみ

研究テーマ

感覚受容における繊毛の機能制御機構
質量分析イメージング法を用いたモデル生物C.エレガンスの構造解析
アクソンガイダンスにおけるTGFβファミリー遺伝子の役割

主な所属学会・審議会等

日本解剖学会
日本医用マススペクトル学会
日本細胞生物学会
日本発生生物学会
日本分子生物学会

研究等

主な社会・地域活動

国際標準化機構表面化学分析(ISO/TC201)バイオWG 幹事

主な論文・著書

論文

  • Kimura Y, Kurabe N, Ikegami K, Tsutsumi K, Konishi Y, Kaplan OI, Kunitomo H, Iino Y, Blacque OE, Setou M. (2010). Identification of tubulin deglutamylase among Caenorhabditis elegans and mammalian cytosolic carboxypeptidases (CCPs). J. Biol. Chem. 285, 22936-22941.
  • Kimura Y, Tsutsumi K, Sugiura Y, Setou (2009). M. Medical molecular morphology with imaging mass spectrometry. Med. Mol. Morphol. 42, 133-137.
  • Kimura Y., Corcoran E.E., Eto K, Gengyo-Ando K, Muramatsu M.A., Kobayashi R., Freedman J.H., Mitani S., Hagiwara M., Means A.R., Tokumitsu H. (2002). A CaMK cascade activates CRE-mediated transcription in neurons of Caenorhabditis elegans. EMBO Rep. 3, 962-966.
  • Kimura Y., Katoh A., Kaneko T., Takahama K., Tanaka H. (2001).Two members of the IgLON family are expressed in a restricted region of the developing chick brain and neural crest. Dev. Growth Differ. 43, 257-263
  • Kimura, Y., Shirabe, K., Fukushima, M., Takeshita, M. and Tanaka, H. (1999). CEPU-1, an immunoglobulin superfamily molecule, has cell adhesion activity and shows dynamic expression patterns in chick embryonic spinal cord. Neurosci. Res. 34, 245-255.
  • Kimura, Y., Matsunami, H. and Takeichi, M. (1996). Expression of cadherin-11 delineates boundaries, neuromeres, and nuclei in the developing mouse brain. Dev. Dyn. 206, 455-462.
  • Kimura, Y., Matsunami, H., Inoue, T., Shimamura, K., Uchida, N., Ueno, T., Miyazaki, T. and Takeichi, M. (1995). Cadherin-11 expressed in association with mesenchymal morphogenesis in the head, somite, and limb bud of early mouse embryos. Dev. Biol. 169, 347-358.

著書

  • 木村芳滋(2003). カルモジュリンキナーゼ経路とその機能. 『線虫―究極のモデル生物』pp106. 飯野 雄一 , 石井 直明 (編集). シュプリンガー" フェアラーク東京.
  • 木村芳滋(2003). トランスジェニック線虫の作製. 『線虫ラボマニュアル』 pp681-97. 三谷 昌平 (編集). シュプリンガー" フェアラーク東京.

 

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ