学部

佐竹 弘行(Hiroyuki Satake)

2018年5月7日

所属

所属(学科)

人間総合科
大学院保健福祉学研究科

職位

講師

略歴等

最終学歴・学位

東北大学大学院理学研究科化学専攻博士課程後期・博士(理学)

主な職歴

年月日 所属
2005年4月 日本学術振興会特別研究員(DC2)(~2006年3月)
2006年4月 日本学術振興会特別研究員(PD)(~2007年3月)
2007年4月 科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業研究員(~2008年3月)
2008年4月 立命館大学薬学部 助教(~2014年3月)
2014年4月 現職

専門等

専門分野

分析化学
生体関連化学
有機・合成化学
化学系薬学

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

化学概論
基礎有機化学
基礎有機化学実験
物理学
英語(保健医療福祉のための英語2)

研究テーマ

高い機能性や選択性を有する各種分子およびイオン認識試薬の開発と、簡便かつ明瞭な検出・分析手法への応用
上記試薬開発等に関連した有機合成および反応に関する研究

主な所属学会・審議会等

日本分析化学会 2005年9月~
日本化学会 2006年3月~
日本薬学会 2017年2月~

研究等

主な社会・地域活動

「高大連携事業」講座.2015年6月12日(柏陽高校)、2016年6月10日(柏陽高校)
「平成29年度ヒューマンサービス公開講座<春期>」で講演.2017年5月28日

主な論文・著書

論文

  • Y. Sawama, Y. Ogata, K. Kawamoto, H. Satake, K. Shibata, Y. Monguchi, H. Sajiki, Y. Kita, "Lewis Acid-Catalyzed Ring-Opening Functionalizations of 1,4-Epoxy-1,4-dihydronaphthalenes", Adv. Synth. Catal., 2013, 355, 517-528.
  • Y. Sawama, K. Kawamoto, H. Satake, N. Krause, Y. Kita, "Regioselective Gold-Catalyzed Allylative Ring-Opening of 1,4-Epoxy-1,4-dihydronaphthalenes",Synlett, 2010, 14, 2151-2155.
  • V. Thiagarajan, A. Rajendran, H. Satake, S. Nishizawa, N. Teramae, "NBD-based green fluorescent ligands for typing of thymine-related SNPs by using an abasic site-containing probe DNA", ChemBioChem, 2010, 11, 94-100.
  • S. Ito, K. Akimoto, J. Kawakami, A. Tajiri, T. Shoji, H. Satake, N. Morita, "Synthesis, stabilities, and redox behavior of mono-, di-, and tetracations composed of di(1-azulenyl)methylium units connected to a benzene ring by phenyl- and 2-thienylacetylene spacers. A concept of a cyanine-cyanine hybrid as a stabilized electrochromic system", J. Org. Chem., 2007, 72 (1), 162-172.
  • H. Satake, S. Nishizawa, N. Teramae, "Ratiometric fluorescence detection of pyrimidine/purine transversion by using a 2-amino-1,8-naphthyridine derivative", Anal. Sci., 2006, 22 (2), 195-197.
このページの先頭へ