学部

山西 倫太郎(Rintaro Yamanishi)

2018年5月2日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 栄養学科
大学院保健福祉学研究科

職位

大学院研究科副研究科長
教授

略歴等

最終学歴・学位

京都大学大学院 農学研究科 博士後期課程(食品工学)・博士(農学)

主な職歴

年月日 所属
1992年4月 同志社国際高校 非常勤講師(理科-化学)(~1993年3月)
1993年4月 徳島大学医学部栄養学科 助手(~1999年9月)
1998年4月 文部省在外研究員(UCLA医学部)(~1999年9月;ただし、在外研究員の任期は同年3月まで)
1999年10月 徳島大学医学部栄養学科 助教授(~2004年3月)
2004年4月 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部食品機能学分野 助教授/
准教授(~2014年3月)
2014年4月 (現職)神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科 教授
2015年4月 神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科 専攻長(兼務)
(~2018年3月)
2018年4月 神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科 副研究科長(兼務)

専門等

専門分野

食品栄養科学

担当科目

食品学総論
食品学各論
食品機能学
食品学実験I
外書購読
総合演習
卒業研究
食品機能学特論
栄養実践活動特論演習
栄養学特別研究
アカデミックライティング
食品健康科学特論
食品健康科学演習
保健福祉学特別研究

研究テーマ

食品成分が細胞内の抗酸化性ならびに免疫機能に及ぼす影響について

主な所属学会・審議会等

日本栄養・食糧学会(参与)
日本農芸化学会(2010年4月~2012年2月は代議員)
日本食品免疫学会(2005年5月~2014年3月は研究委員会委員)
日本栄養改善学会

研究等

主な社会・地域活動

神奈川県立保健福祉大学ヒューマンサービス公開講座実行委員 平成26年度~平成29年度
神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター医食農同源 三浦半島レシピ集「トウガンの秘密を教えます!」 平成28年
神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター医食農同源オリジナルレシピコンクール冊子でのトウガンの解説 平成27年
神奈川県高大連携事業 出張講義「食品機能学入門」 平成27年
徳島大学開放実践センター公開講座「フードコーディネータ入門講座 I・II」 30時間/年 平成22年~25年

主な論文・著書

論文

  • T. Akaboshi & R. Yamanishi (2014). Certain Carotenoids Enhance the Intracellular Glutathione Level in a Murine Cultured Macrophage Cell Line by Inducing Glutamate-cysteine-ligase. Mol. Nutr. Food Res. in press, 58巻.
  • I. Kunitsugu, M. Okuda, N. Murakami, M. Hashimoto, R. Yamanishi, N. Bando, S. Sasaki, J. Terao, S. Sugiyama, T. Hobara (2012), Self-reported seafood intake and atopy in Japanese school-aged children. Pediatr. Int. 54巻, pp.233-237.
  • A. Kunimoto, M. Yokoro, K. Murota, R. Yamanishi, T. Suzuki-Yamamoto, M. Suzuki, C. Yutani, S. Doi, M. Hiemori, H. Yamashita, Y. Takahashi, H. Tsuji, M. Kimoto (2011). Gastrointestinal Digestion and Absorption of Pen j 1, a Major Allergen from Kuruma Prawn Penaeus japonicus. Biosci. Biotechnol. Biochem. 75巻, pp.1249-1258.
  • N. Bando, N. Muraki, K. Murota, J. Terao, R. Yamanishi (2010). Ingested quercetin but not rutin increases accumulation of hepatic -carotene in BALB/c mice. Mol. Nutr. Food Res. 54巻, pp.S261-S267.
  • S. Katsuura, T. Imamura, N. Bando, R. Yamanishi (2009). beta-Carotene and beta-cryptoxanthin but not lutein evoke redox and immune changes in RAW264 murine macrophages. Mol. Nutr. Food Res., 53巻, pp.1396-1405.
  • 山西倫太郎 (2009). 「カロテノイドが免疫系に及ぼす影響-アレルギーとの関係を中心に-」. 化学と生物(日本農芸化学会)47巻11号pp764-771.
  • S. Takeda, N. Bando, R. Yamanishi (2008). Ingested beta-carotene enhances glutathione level and up-regulates the activity of cysteine cathepsin in murine splenocytes. Biosci. Biotechnol. Biochem., 72巻, pp.1595-1600.
  • 山西倫太郎 (2007).「ヒトにおけるカロテノイドと発がんリスクについての最近の研究」.オレオサイエンス(日本油化学誌)7巻10号pp.423-436.
  • T. Koizumi, N. Bando, J. Terao, R. Yamanishi (2006). Feeding with both beta-carotene and supplemental alpha-tocopherol enhances type 1 helper T cell activity among splenocytes isolated from DO11.10 Mice. Biosci. Biotechnol. Biochem., 70巻, pp.3042-3045.
  • M. Shirai, Y. Kawai, R. Yamanishi, T. Kinoshita, H. Chuman, J. Terao (2006). Effect of a conjugated quercetin metabolite, quercetin 3-glucuronide, on lipid hydroperoxide-dependent formation of reactive oxygen species in differentiated PC-12 cells. Free Radic. Res., 40巻, pp.1047-1053.
  • T. Imamura, N. Bando, R. Yamanishi (2006). beta-Carotene modulates the immunological function of RAW264, a murine macrophage cell line, by enhancing the level of intracellular glutathione. Biosci. Biotechnol. Biochem., 70巻, pp.2112-2120.
  • R. Yamanishi, I. Yusa, A. Miyamoto, I. Sato, N. Bando, J. Terao (2003). Alum augments the experimental allergenicity of Kunitz-type soybean trypsin inhibitor independent of the antigen-adsorption. J. Nutr. Sci. Vitaminol., 49巻pp.409-413.
  • N. Bando , R. Yamanishi, J. Terao (2003). Inhibition of immunoglobulin E production in allergic model mice by supplementation with vitamin E and beta-carotene. Biosci. Biotechnol. Biochem., 67巻pp.2176-2182.
  • R. Yamanishi, I. Yusa, N. Bando, J. Terao (2003). Adjuvant activity of alum in inducing antigen specific IgE antibodies in BALB/c mice: a reevaluation. Biosci. Biotechnol. Biochem., 67巻pp.166-169.
  • M. Hiemori, N. Bando, T. Ogawa, H. Shimada, H. Tsuji, R. Yamanishi, J. Terao (2000). Occurrence of IgE antibody-recognizing N-linked glycan moiety of a soybean allergen, Gly m Bd 28K. Int. Arch. Allergy Immunol., 122巻, pp.238-245.
  • R. Yamanishi, H. Tsuji, N. Bando, I. Yoshimoto, T. Ogawa (1997). Micro-assay method for evaluating the allergenicity of the major soybean allergen, Gly m Bd 30k, with mouse antiserum and RBL-2H3. Biosci. Biotechnol. Biochem., 61巻, pp.19-23.
  • R. Yamanishi, H. Tsuji, N. Bando, Y. Yamada, Y. Nadaoka, T. Huang, K. Nishikawa, T. Ogawa (1996). Reduction of the allergenicity of soybean by treatment with proteases. J. Nutr. Sci. Vitaminol., 42巻, pp.581-587.
  • R. Yamanishi, J. Kotera, T. Fushiki, T. Soneda, T. Saitoh, T. Oomori, T. Satoh, E. Sugimoto (1993). A specific binding of cholecystokinin-rleasing peptide (monitor peptide) to isolated rat small-intestine. Biochem. J., 291巻, pp.57-63.
  • J.C. Cuber, G. Bernard, T.Fushiki, C. Bernard, R. Yamanishi, E. Sugimoto, J.A. Chayvialle (1990). Luminal CCK-releasing factors in the isolated vascularly perfused rat duodenojejunum. Am. J. Physiol., 259巻, pp.G191-197.

著書

  • 寺尾純二・山西倫太郎・高村仁知 共著(2016). 3章「疾病予防と機能性成分」・5章「バイオテクノロジーと機能性成分」 三訂食品機能学.光生館.
  • 山西倫太郎・室田佳恵子(2016).「嗜好成分および有害成分」栄養科学NEXTシリーズ食品学総論第3版(辻英明・海老原清 編)pp.92-109. 講談社サイエンティフィク.
  • 山西倫太郎(2011).「食品による免疫機能の調節-カロテノイド-」食品免疫・アレルギーの事典(食品免疫学会 編)pp.296-301.朝倉書店.
  • 山西倫太郎(2010).「大豆アレルゲン」納豆の研究法(木内 幹 監修)pp.164-173.恒星社厚生閣.
  • 山西倫太郎(2009).「カロテノイドの抗アレルギー作用」カロテノイドの科学と最新応用技術(宮下和夫 監修)pp.146-152. シーエムシー出版.
  • 山西倫太郎(2008).「納豆の食品機能性に関する研究-アレルゲン」. 納豆の科学(木内幹・永井利郎・木村啓太郎 編)pp.77-82, 建帛社.
このページの先頭へ