学部

行實 志都子(Shizuko Yukizane)

2014年4月10日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 社会福祉学科
大学院保健福祉学研究科

職位

准教授

略歴等

最終学歴・学位

筑波大学大学院 教育研究科 カウンセリング専攻 リハビリテーションコース 修士(リハビリテーション)

主な職歴

年月日所属
1993年5月 平成医療法人北斗会 さわ病医院(2001年2月)
2001年3月 財団法人精神障害者社会復帰促進協会(2002年3月)
2002年4月 越谷市役所(2005年3月)
2005年4月 東京福祉大学 専任講師(2007年3月)
2006年4月 東京大学大学院 医学系研究科 健康科学・看護学専攻 健康社会学研究室客員研究生(2008年3月)
2007年4月 文京学院大学 准教授(2013年3月)
2013年4月 現職

専門等

専門分野

精神保健福祉
精神科リハビリテーション

担当科目

精神保健福祉援助技術各論
精神科リハビリテーション学
精神保健福祉援助技術演習
精神保健福祉援助技術実習

研究テーマ

精神障害者におけるピアサポートに関する研究
精神保健福祉士養成に関する研究

主な所属学会・審議会等

日本精神障害者リハビリテーション学会
日本職業リハビリテーション学会
三芳町地域自立支援協議会 会長
ふじみ野市精神保健福祉連絡会
社会福祉法人 結の会 オフィスクローバー 評議員

研究等

主な社会・地域活動

川崎市医療リハビリテーションセンター主催「ピアサポート養成研修」2006年より年1回実施
アステラス製薬主催「ピアサポート養成研修」2006年より年1回から2回実施
ふじみ野市こころの健康講座「ピアサポートをつかった地域づくり」2012年10月12月2013年2月8月
狭山保健所主催「地域移行推進事業研修会」2013.9.20
医療法人財団青山会主催「こころといのちを守る訪問支援(アウトリーチ)事業チームブルー研修会」2013.9.28

主な論文・著書

論文

  • 殿村寿敏,行實志都子,野田哲朗(2003)『精神障害者ピア・ヘルパー等養成事業における現状と課題』精神障害とリハビリテーション
  • 行實志都子(2006)『精神障害者ピアヘルパーと利用者のサービス満足度比較』精神障害とリハビリテーション
  • 行實志都子(2007)『障害者の自立支援とその援助について~精神障害者の教育的プラグラムによる自己変革~』文京学院大学人間学部研究紀要 行實志都子(2009)
  • 『地域住民が大学に求める役割~地域連携センターBICSにおいて~』地域連携教育研究
  • 行實志都子・山中教子(2009)『埼玉県A地区B町における地域自立支援協議会・専門部会の機能分析』文京学院大学人間学部研究紀要
  • 行實志都子・田村綾子(2010)『精神保健福祉士養成課程における実習事後指導の教育効果とその課題』文京学院大学人間学部研究紀要

著書

  • 天野宗和・猪俣好正・大友勝・岡上和雄・行實志都子他『精神保健福祉白書2006・2007・2008・2012・2013年度』中央法規出版
  • 『精神保健福祉士教員養成実習・演習研修テキスト』(2012)中央法規出版
  • 行實志都子(2012)『精神保健福祉相談援助の基盤』日本福祉大学
  • 行實志都子編集(2013)『精神保健福祉国家試験過去問題集』中央法規出版
  • 他 『精神保健福祉士養成過程テキスト』 中央法規出版、弘文堂、ミネルヴァ書房より執筆

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ