学部

長山 洋史(Hirofumi Nagayama)

2017年4月6日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

職位

講師

略歴等

最終学歴・学位

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科博士課程修了・博士(医療マネジメント学)

主な職歴

年月日所属
2001年4月 東京都リハビリテーション病院 作業療法科(2007年3月)
2007年4月 介護老人保健施設能見台パートリア(2009年3月)
2009年4月 北里大学医療衛生学部 助教(2013年9月)
2013年10月 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 助教
2015年4月 現職

専門等

専門分野

作業療法学
医療経済学
医療マネジメント学

担当科目

身体機能評価学1・2
評価学演習
運動学

研究テーマ

作業療法の費用効果について

主な所属学会・審議会等

日本作業療法士協会
日本作業行動研究会
医療経済学会
日本医療・病院管理学会
日本臨床疫学会

研究等

主な社会・地域活動

北里大学非常勤講師(2013.10から2015.3まで)
日本臨床作業療法学会誌 論文査読委員
日本作業療法学会 演題査読委員
慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

主な論文・著書

論文

  • H Nagayama, K Tomori, K Ohno, K Takahashi, R Nagatani, R Izumi, K Moriwaki, K Yamauchi. Cost effectiveness of the occupation based approach for subacute stroke patients: Result of a randomized controlled trial. Topics in Stroke Rehabilitation 2017(in press)
  • K Ohno, K Tomori, T Takebayashi, T Sawada, H Nagayama, William MM Levack, K Domen and T Higashi.Development of a tool to facilitate real life activity retraining in hand and arm therapy.British Journal of Occupational Therapy 2017(in press)
  • Nagayama H, Tomori K, Ohno K, Takahashi K,Ogahara K, Sawada T, Uezu S, Nagatani R,Yamauchi K; Effectiveness and cost-effectiveness of occupation-based occupational therapy using the Aid for Decision making in Occupation Choice (ADOC) for older residents: Pilot cluster randomized controlled trial.PLOS ONE 11(3):e0150374, 2016
  • Nagayama H,Tomori K,Ohno K,Narita K,Yamauchi K; Cost effectiveness of occupational therapy in older people: Systematic Review of randomised controlled trials. Occupational therapy International. 23(2),103–120, 2016
  • Fujita T, Nagayama H, Sato A, Yamamoto Y, Yamane K, et al. Hierarchy of Dysfunction Related to Dressing Performance in Stroke Patients: A Path Analysis Study. PLoS ONE 11(3): e0151162. 2016
  • Tomori K, Nagayama H, Ohno K, Nagatani R, Saito Y, Takahashi K, Sawada T, Higashi T.Comparison of occupation-based and impairment-based occupational therapy for subacute stroke: a randomized controlled feasibility study. Clinical Rehabilitation. 29(8):752-62, 2015
  • 枡本彩紀,齋藤佑樹,澤田辰徳,長山洋史,大野 勘太,友利幸之介;無作為化比較 試験でAssessment of Motor and Process Skills(AMPS)を用いるための予備的検討: 動画を用いた信頼性の検討.日本臨床作業療法研究 No.2:19−24,2015
  • 大野 勘太, 作田 浩行, 長山 洋史, 齋藤 佑樹, 友利 幸之介;作業療法におけるトップダウンアプローチとボトムアップアプローチの実施状況 Web アンケートを使用した調査,神奈川作業療法研究 4 巻 1 号(査読あり),11-17,2014
  • 渡邊 愛記, 長山 洋史, 川口 敬之, 福田 倫也, 阿久津 二夫, 神田 直;介護保険導入前後における在宅脳卒中患者の介護状況と介護負担感,理学療法科学 28 巻 4 号,511-516,2013
  • Tomori K, Nagayama H, Saito Y, Ohno K, Nagatani R, Higashi T. Examination of a cut-off score to express the meaningful activity of people with dementia using iPad application(ADOC). Disability and rehabilitation Assistive technology. 2013 Dec 24.
  • Tomori K ,Saito Y ,Nagayama H, Seshita Y, Ogahara K, Nagatani R, Higashi T; Reliability and validity of individualized satisfaction score in Aid for Decision-making in Occupation Choice (ADOC),Disability and Rehabilitation2013;35(2):113-117
  • 長 山 洋 史 , 友 利 幸 之 介 , 成 田 香 代 子 , 他 ; 作 業 選 択 意 思 決 定 支 援 ソ フ ト (Aid forDecision-making in Occupation Choice;ADOC)の内容妥当性(Content Validity)の検討,神奈川県作業療法研究誌(査読あり),2,13-17,2012
  • 長山洋史:作業療法と値段.作業療法ジャーナル 46: 1026~1027, 2012
  • 長山洋史,水野勝広,中村祐子,関谷修,辻哲也,里宇明元;日常生活上での半側無視評価法 Catherine Bergego Scale の信頼性,妥当性の検討,総合リハビリテーション,39,373~380, 2011
  • 長山洋史, 水野勝広;半側空間無視患者の ADL 評価と予後,MB Med Reha,,129,23-30,2011.
  • 長山洋史,高橋武則;共分散構造分析による通所リハビリテーション利用者の健康関連 QOL構造の検討,作業療法,29,616-624,2010

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ