学部

理学療法学専攻の教育目標・専攻長メッセージ

2019年4月1日

理学療法学専攻の教育目標と、理学療法学専攻を志す皆さんへの専攻長からのメッセージを掲載しています。

 

教育目標

  1.  病める人々の痛みを感じ取ることができる心の優しさを持つ豊かな人間性と深い教養を備え、医療・保健・福祉の向上と地域社会ならびに国際社会に貢献することができる理学療法士を育成する。
  2. 健常者の疾病予防、疾病による身体障害やスポーツ障害の予防・回復に関する専門的な知識と技術を身につけ、社会復帰や社会参加を目指す人々を支援する能力を修得する。
  3. 医療、保健、福祉チーム内での役割と責任を十分に果たせる理学療法士を育成する。
  4. 科学的な思考能力・洞察力を発揮できる研究力を育成し、幅広い分野で問題を解決することができる能力を培う。
  5. 主に医療・保健・福祉関係で理学療法を実践することができる理学療法士を育成する。今後は、行政・研究分野・スポーツ分野・国際社会で理学療法の知識と技術を実践することができる理学療法士を育成する。

 

専攻長メッセージ

理学療法学専攻長 近影

理学療法学専攻長 米津 亮

 身体機能の回復、そして維持を図ることで、社会復帰や社会参加する人々を支援する、これが理学療法の本質にあります。そのため、理学療法士を志す皆さんを基礎医学・専門理学療法などの知識・技術の習得とともに人々に寄り添い支える優しさと深い教養を兼ね備えた人材に育成したいというのが、我々の想いです。

 理学療法学専攻では、皆さんの学習をサポートできる環境を日々創造しながら、『自ら考え、実践する力』を培えるよう教育を展開します。そして、医療・保健・福祉の向上に寄与し、神奈川・日本さらには国際社会でも活躍できる理学療法士を輩出したいと考えています。

 

横須賀三浦地区PT 懇話会について

 本学理学療法学専攻の教員が横須賀市中央健康福祉センターの芝原修司氏とともに発起人となり、地域で活躍されている理学療法士の方々との交流・情報交換を目的として、横須賀三浦地区PT懇話会を開催しています。

 

このページの先頭へ