学部

よくある質問(看護学科)

2019年4月22日

看護学科志望者から寄せられることが多い質問と、その回答を掲載しています。

2019年4月更新

 

なにを学ぶのでしょうか?

 看護学科では、人の心と身体、生活する社会のしくみや働き、病気の成り立ちと治療など看護に必要な関連科目、対象となる人の健康状態をアセスメントして適切な計画を立て看護を実践するための知識と技術、さらに看護を発展させるための看護管理、政策などの科目があります。
 各科目は、講義、演習(学内での技術練習、グループワークなど)と、学外の病院や、保健所、訪問看護ステーション、保育園などさまざまな施設での実習があります。演習や実習は小グループに分かれて行います。 

 

卒業単位は?

 卒業には、象徴科目2単位、人間総合教育科目24単位、連携実践教育科目14単位、専門創造教育科目84単位、卒業研究2単位、合計126単位が必要です。※2019年度入学生の場合 

 

卒業後の進路は?

 卒業生は、医療機関や地方自治体の保健所や学校等に、看護師や保健師、助産師、養護教諭の資格を活かして就職しています。

 進路情報のページ

 

どのような資格が取得できるのでしょうか?

 卒業時には、看護師国家試験受験資格を取得できます。
 さらに別途の課程(コース)の選択者は、保健師国家試験受験資格、助産師国家試験受験資格、養護教諭一種免許状、社会福祉士国家試験受験資格のいずれかを取得することも可能です。

 

資格試験の受験結果は?

 平成30年度卒業生の看護師国家試験の合格率は96.7%(91人中88人)、保健師国家試験の合格率は92.9%(28人中26人)、助産師国家試験の合格率は100%(6人中6人)でした。

 

このページの先頭へ