大学院

看護CNSコースの概要(博士前期課程)

2019年5月16日

Q 看護CNSコースでは何を学ぶのでしょうか?

A 現在、がん看護CNSコースおよび小児看護CNSコース(いずれも38単位)を設置しています。

がん看護CNSコース

がん看護の基盤となる理論や概念、病態や治療に関する最新の知見を学び、文献の吟味や事例検討を通して、がんと診断された時からの緩和ケア、全人的援助、在宅療養への移行、多職種との連携・調整等を行うために必須の知識・技術を修得します。さらに実習を通じて、がん専門看護師となるための実践能力を養います。

がん看護CNSコースの専門科目 (注 ローマ数字をアラビア数字に置き換えています)

がん看護学特論1、がん看護学特論2、がん看護学特論3、がん看護学特論4、がん看護学演習1、がん看護学演習2、がん看護学演習3、がん看護学演習4、がん看護学実習1、がん看護学実習2、がん看護学実習3、看護課題研究

小児看護CNSコース

小児看護の基盤となる理論や概念、病態生理や臨床薬理学・診断や治療に関する最新の知見を学び、文献等の吟味や事例検討を通して、さまざまな健康状況にある子どもと家族のアセスメント、援助方法、多職種との連携・調整等を行うために必須の知識・技術を修得します。さらに実習を通じて、小児看護専門看護師となるための実践能力を養います。

小児看護CNSコースの専門科目 (注 ローマ数字をアラビア数字に置き換えています)

小児看護学特論1、小児看護学特論2、小児看護学特論3、小児看護学特論4、小児看護学特論5、小児看護学演習1、小児看護学演習2、小児看護学演習3、小児看護学実習1、小児看護学実習2、小児看護学実習3、看護課題研究

看護CNSコースについて(PDF:2MB)

このページの先頭へ