地域貢献

過去の高大連携事業の実施結果

2017年3月8日

過去の高大連携事業の実施結果をご覧いただけます

平成27年度の実施結果

平成27年度は、次のとおり9校で12件の講座を実施しました。

  • 6月12日  柏陽高校
    「DNAの謎にせまる!」 人間総合・専門基礎担当 佐竹講師
  • 6月12日  柏陽高校
    「モデル生物のスーパースター~ショウジョウバエ~」 人間総合・専門基礎担当 津田准教授
  • 7月14日  弥栄高校
    「食べ方で偏差値アップも夢じゃない!」 栄養学科 佐野准教授
  • 9月8日  追浜高校
    「上手な人間関係の創り方」 社会福祉学科 小林教授
  • 9月24日  横浜南陵高校
    「フードファディズムって何?」 栄養学科 外山准教授
  • 9月29日  横浜南陵高校
    「子育てにやさしい地域づくり-少子化社会での子育てを応援する-」 看護学科 北岡教授
  • 10月27日 横浜修悠館高校
    「心と体の健康管理について」 社会福祉学科 行實准教授
  • 10月28日 二俣川看護福祉高校
    「少子高齢社会の暮らしと福祉」 社会福祉学科 山本教授
  • 11月16日 藤沢清流高校
    「スポーツにおける姿勢調整は、どのように行われているのか?」 リハビリテーション学科理学療法学専攻 長澤教授
  • 12月3日 平塚江南高校
    「食品機能学入門」 栄養学科 山西教授
  • 12月24日 海洋科学高校
    「思春期の健康とダイエットについて~正しい栄養・食事の知識を知っていますか?~」 栄養学科 牛込助教
  • 3月23日 追浜高校
    「バランスのよい食事を理解し、実践しよう」 栄養学科 鈴木教授

 

実施状況

  平成28年3月23日に追浜高校で栄養学科 鈴木教授の出張講座(テーマ:バランスのよい食事を理解し、実践しよう)の講座を実施しました。

 体育館で講義をしました.jpg 講義の様子.jpg

 

平成26年度の実施結果

平成26年度は、次のとおり8校で11件の講座を実施しました。

  • 6月3日  瀬谷西高校
    「ヘルスアセスメント 自分の『心音』を聞いてみよう」 看護学科 金准教授
  • 6月6日  柏陽高校
    「運動を科学的に学ぶ」 リハビリテーション学科 理学療法学専攻 鈴木助教
  • 6月6日  柏陽高校
    「栄養教育と行動科学」 栄養学科 五味講師
  • 7月1日  横浜桜陽高校
    「心の病気とリハビリテーション」 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 水野助教
  • 9月3日  平塚中等教育学校
    「ストレスコントロール」 看護学科 奥井講師
  • 9月24日  平塚中等教育学校
    「ヘルスプロモーション・健康づくり」 看護学科 渡部准教授
  • 10月29日 横浜南陵高校
    「ホームレス問題」 社会福祉学科 岩永講師
  • 10月31日 厚木高校
    「モデル生物のスーパースター〜ショウジョウバエ〜」 人間総合・専門基礎担当 津田准教授
  • 11月11日 座間高校
    「ソーシャルワーカーの仕事」 社会福祉学科 高橋教授
  • 11月25日 金沢総合高校
    「バランスのよい食事を理解し、実践しよう」 栄養学科 鈴木教授
  • 11月17日 横浜南陵高校
    「食べ方で偏差値アップも夢じゃない!」 栄養学科 佐野准教授

 

実施状況

講義の様子

 平成26年10月31日に厚木高校で人間総合・専門基礎担当 津田准教授の出張講座(テーマ:モデル生物のスーパースター〜ショウジョウバエ〜)の講座を実施しました。
 この講座ではまず、遺伝とはどのようなものであるか、またその原理はどのようなものかということを、家族などの身近な例を挙げながら説明するところから始まり、その後、モデル生物とはどのようなものか、そしてショウジョウバエをモデル生物として活用することで他の分野の研究がどう発展する可能性があるのか、といったことを解説しました。
 まだ高校で習っていない分野もあったようですが、図や表を使用した講義で高校生にもわかりやすく、生徒たちが内容を理解して「うん、うん」と頷くシーンが印象的な講義になりました。

 

平成25年度の実施結果

平成25年度は、次のとおり8校で15件の講座を実施しました。

  • 5月15日  逗子高校
    テーマ「上手な人間関係の創り方」 社会福祉学科 小林教授
  • 5月17日  横浜桜陽高校
    テーマ「体のしくみについて」 人間総合・専門基礎担当 柴田准教授
  • 5月23日  二俣川看護福祉高校
    テーマ「看護師という職業について」 看護学科 大石助教
  • 6月7日    柏陽高校
    テーマ「睡眠と学習の話」 人間総合・専門基礎担当 瀬川教授
  • 6月7日    柏陽高校
    テーマ「こころを育む作業」 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 長雄教授
  • 6月7日    柏陽高校
    テーマ「フードファディズムて何?」 栄養学科 外山准教授
  • 9月5日   二俣川看護福祉高校
    テーマ「救命救急医療における連携と看護師の役割」 看護学科 木下准教授
  • 9月27日    横浜南陵高校
    テーマ「認知症高齢者の理解と介護の役割」 社会福祉学科 峯尾教授
  • 10月1日   横浜南陵高校
    テーマ「性格って何だろう」 人間総合・専門基礎担当 生田講師
  • 10月21日 逗子高校
    テーマ「フードファディズムて何?」 栄養学科 外山准教授
  • 11月12日 座間高校
    テーマ「リハビリテーションと脳活動」 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 白濱准教授
  • 11月12日 座間高校
    テーマ「バランスのよい食事を理解し,実践しよう」 栄養学科 鈴木志保子教授
  • 11月25日 舞岡高校
    テーマ「リハビリテーションと脳活動」 リハビリテーション学科 作業療法学専攻 白濱准教授
  • 11月26日 二俣川看護福祉高校
    テーマ「介護はしあわせ運ぶ仕事」 社会福祉学科 石井講師
  • 11月27日 神奈川総合高校
    テーマ「あれっ!?変わった!~野菜の色素の性質を知ろう~」 栄養学科 中村助教

 

実施状況

 平成25年11月27日の栄養学科 中村助教の出張講座(テーマ:あれっ!?変わった!~野菜の色素の性質を知ろう~)の様子です。
 この講座では、調理による色素の変化や酵素による褐変を実際に体験するめに、2種類のさつまいもの蒸しパンを作るところから始まりました。
 その後の講義では、それぞれの蒸しパンに色などの違いが生じた理由の解説やその他の色素・酵素の紹介を行いました。
 講義の中では多くの生徒から質問や意見が出たり、「へぇ~そうなんだ!」といった声も多く聞かれるなど、調理は科学であることを垣間見る出張講座となりました。

 講義の様子.jpg 蒸しパン作りの様子.jpg

 

平成24年度の実施結果

平成24年度は、次のとおり6校で9件の講座を実施しました。

  • 4月27日 県立藤沢総合高校
    テーマ「「当たり前の生活」を考える」 社会福祉学科 岸川助教
  • 5月30日 県立二俣川看護福祉高校
    テーマ「働くことの意味について」 社会福祉学科 松爲教授
  • 6月8日 県立柏陽高校
    テーマ「ノーベル化学賞受賞研究:触媒的クロスカップリング反応とは何か」 人間総合・専門基礎担当 安井講師
  • 6月25日 舞岡高等学校
    テーマ「看護師という職業について」 看護学科 大石助教
  • 10月4日 横浜南陵高等学校
    テーマ「体のしくみ」 人間総合・専門基礎担当 柴田准教授
  • 11月1日 二俣川看護福祉高等学校
    テーマ「感染を予防するための日常的な手洗い」 山口講師
  • 11月13日 座間高等学校
    テーマ「日本の看護の歴史」 加納准教授
  • 11月13日 座間高等学校
    テーマ「食品のカロリー、本当に気にしていますか」 加藤助教
  • 12月13日 横浜南陵高等学校
    テーマ「巧みな動作ができるわけ」 鈴木助教

 

実施状況

平成24年6月8日の安井講師の出張講座の様子です。
 高校1年生では、まだ有機化学を習っていないため、講義は基礎から始まりました。
 難しいテーマでしたが、丁寧な説明とわかりやすい図で理解しやすく、生徒たちは熱心に授業に聞き入っていました。

24年度の安井講師による柏陽高校での出前講座の様子1 24年度の安井講師による柏陽高校での出前講座の様子2

 

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ