Department

戻る

養成する人材

戻る

リサーチャー

技術革新や、その基礎となる技術の研究・開発ができる人材へ

大学や研究機関、企業などにおいて、すでに特定の専門性を持つ研究者の中で、今後トランスディシプリナリーな研究や保健医療分野に関する科学技術コミュニケーターを目指す人材へと育成します。
さらに、ヘルスケアの中で、未病の領域についてエビデンスを探求し、新たな学問領域の構築や未病の学問体系化を志す人材、次世代の新たな価値を生み出せる人材に成長できます。

ビジネスパーソン

革新的な技術を具体的に産業化できる人材へ

製薬企業や医療機器関連企業などのヘルスケア産業、その他の金融やIT、サービス、食品関連企業などで、未病産業などの新しいビジネスを興せる人材の輩出を目指します。
また、社会的な課題に対して、新たなテクノロジーを活用し、課題の解決へと導くことのできるソーシャルアントレプレナーなどの人材も想定しています。

アドミニストレータ

組織管理に革新を起こし、
効果的・効率的な保健医療サービスの提供ができる人材へ

未病・予防の観点や地域の様々なニーズを踏まえた医療サービスを展開するために、必要な知識と技術を習得することができます。
そして、医療者のみならず、行政・研究者・企業などと連携しながら、次世代の保健医療機関のあり方をデザインし、組織経営を展開できる人材を育成します。

ポリシーメーカー

組織・人材などを繋ぎ、保健医療課題の解決に資する
革新的な社会システムを作ることができる人材へ

地域が抱える保険医療課題や、自治体組織が抱える課題を発見し、社会制度や多様なステークホルダーのニーズをふまえて、課題の分析や解決策の提言を行える人材を育成します。

前のページに戻る