News

戻る

【重要】入構禁止期間中の行動について

戻る

保健福祉学研究科、保健福祉学部の新入生及び在学生の皆さまへ

4月7日(火)に、国から新型コロナウィルスに関する「緊急事態宣言」が神奈川県を含む7都府県に発出されました。また、同日には神奈川県知事から「緊急事態措置に係る神奈川県実施方針」が県民に示されたところです。

既に学生の皆さまには、入構禁止期間中の行動についてお知らせしたところですが、新型コロナウィルスの爆発的感染を防ぐため、再度周知します。

 

1. 入構禁止期間中の行動について

不要不急の外出を控えるとともに、やむを得ない理由により外出する場合でも、夜間も含め、密閉空間、密集場所、密接場所の3つの条件のうち、一つでも該当する場所は避けて下さい。

また、バランスのとれた食事や十分な睡眠をとるなど体調管理に努めて下さい。

なお、サークル活動、ボランティア活動は禁止します。

 

2. 自宅での学習について

教科書が購入出来る方法を、ホームページに掲載しています。ホームページに掲載した方法等により教科書を購入し自宅学習を行って下さい。

また、教員から課題を示されたときは、その課題に取り組んで下さい。

 

3. 5月以降の講義について

大学では、5月以降の講義科目についてはオンライン授業で実施することとし、現在、準備を進めているところです。このため、今後、学生の皆さんのパソコンの保有状況等について調査しますので、協力して下さい。

 

4. 新型コロナウィルスに感染した場合

新型コロナウィルスに感染した場合、または濃厚接触した場合は、必ず教務学生課に連絡して下さい。

 

5. 新入生の学生証等について

新入生の皆さまの学生証等について、来週、合格通知を送った住所に送付します。送付する日が決まったら、改めてお知らせします。

 

教務学生課

 

<緊急事態宣言に係わる神奈川県知事メッセージ>外部リンク
前のページに戻る