News

戻る

【令和2年度 後期講座開講に向けて】実践教育センター長からのメッセージ

戻る

【令和2年度 後期講座開講に向けて】実践教育センター長からのメッセージ

 実践教育センターは、新型コロナウイルスの感染拡大により発出された緊急事態宣言による国や県の対処方針などを踏まえ、慎重に検討を重ねたうえで、令和2年度開講予定の講座を一部中止としました。

 これは、受講される皆様の健康面、安全面を考慮し、感染防止を最優先に考えての判断によるものです。

 

 現在、緊急事態宣言は解除されましたが、今後は社会全体が長期にわたり新たな生活様式に沿って行動する必要があり、当センターの事業も適切に実施していくことが必要と考えております。

 そこで、各課程や研修を受講される皆様の健康に十分留意し、講座の教育目標が達成できるよう、具体的な感染症対策を講じて受講環境を整えております。これまでの集合研修に加え、オンライン授業なども取り入れるなど、実施方法を弾力的に検討し、9月以降に開講できるよう取り組んでいるところです。

 授業の実施方法は一部変わりますが、教育目標は変更することなく、皆様がさらに研鑽を重ねられる機会をご提供していきたいと考えております。

 今後開講する講座については、このホームページなどを通じて、順次お知らせしてまいります。

 当センターで学ばれる皆様のお姿を拝見できる日を楽しみにしております。

 

令和2年6月26日

 

                                       実践教育センター長 

前のページに戻る