大学紹介

保健福祉学部看護学科

2014年1月14日

教育理念

大学の理念及び学部の理念をふまえ、看護学科では次のような理念に基づき教育を実施します。
看護は、個人、家族及び集団の最適な健康状態を目指し、科学的根拠に基づいた知識・技術を用い、人間と環境に働きかけ、支援するヒューマンケアリングのプロセスです。
 本学科では、社会の変化に伴い多様化する人々のニーズを的確に把握し、他職種と連携し、質の高い看護を提供できる人材を育成します。
さらに、生涯にわたって自己の資質の向上に努め、看護学及び保健医療福祉の発展に貢献できる能力を培います。   

教育目標

本学科では、学部の教育目標に加えて、学生が卒業時に次の能力を身につけることを目標とします。

  1. 看護の対象である個人、家族、集団およびコミュニティの主体性を尊重し、権利を擁護する倫理的な態度を養うとともに、対象と良好な関係を築くためのコミュニケーション能力を培う。
  2. 関連する諸科学における知識と技術を習得し、科学的根拠を活用しながらヒューマンケアリングに基づく看護を実践するための基礎的能力を培う。
  3. 看護職間、他職種、市民との協働・連携において、リーダーシップを理解し、看護の専門的立場でのメンバーシップがとれる能力を培う。
  4. 主体的に看護学を探究する姿勢を持ち、生涯にわたって自己研鑽するとともに、国内外における看護の動向に関心を持ち、社会に貢献しようとする態度を養う。

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ