入試問題

2020年度特別選抜(推薦)について

2019年7月23日

特別選抜(推薦)の出願について

出願要件を満たし、在籍の高等学校長の推薦のある方のみ出願できます。9月中旬頃、神奈川県内の高等学校に、インターネット出願の出願登録に必要な専用パスワードと推薦書(所定の様式)等の書類を送付します。その他の出願書類の準備・作成および出願の手続きはすべて志願者本人が行います。

 

出願期間

2019年11月1日(金曜)から11月7日(木曜) <消印有効>
インターネット出願についてを確認してください。
※学校からの推薦書や調査書を受け取り、出願手続きは志願者本人が行います。
※速達・簡易書留による郵送のみ受け付けます。

 

神奈川県外高等学校在籍者の出願

神奈川県内に住所を有し、神奈川県外の高等学校に在学している方が、本学の特別選抜(推薦)の受験を希望される場合は、本学指定の下記様式により出願専用パスワード等を請求してください。

お申込みは、高等学校からのみとします。個人からのお申込みに対してはお送りできませんのでご注意ください。

県外高等学校用特別選抜(推薦)出願書類等請求書(Wordファイル:16KB)

 

出願資格と推薦人数

特別選抜に出願できる者は、次の1から4のすべてに該当する者とします。

1 神奈川県内の高等学校を2020年3月に卒業見込の者(2019年度学年の途中において又は学期の区分に従い高等学校の卒業を認められた者を含む。以下同じ。)、又は、2019年4月1日以前から引き続き神奈川県内に住民票があり、その住所から神奈川県外の高等学校に通学していて、2020年3月に卒業見込の者あるいは通常の課程による12年の学校教育を2020年3月に修了見込の者

2 高等学校長の推薦のある者

3 調査書の全体の評定平均値 ※特別支援学校においてはこの項目は除きます
4.0 以上である者・・・看護学科、栄養学科、社会福祉学科
3.8 以上である者・・・リハビリテーション学科 理学療法学専攻・作業療法学専攻

4 合格した場合には本学へ入学することを確約できる者

高等学校から各学科・専攻に推薦できる人数は以下のとおりです。

学科・専攻 推薦人数 評定平均値
看護学科 1 名 4.0
栄養学科 2 名 4.0
社会福祉学科 複数名可 4.0
リハビリテーション学科
理学療法学専攻
複数名可 3.8
リハビリテーション学科
作業療法学専攻
複数名可 3.8

※同一高等学校内に全日制、定時制、通信制等複数の課程がある場合においても、1高等学校から推薦できる人数は、看護学科1名、栄養学科2名以内とします。

※2020年度入学者選抜から、栄養学科へ推薦できる人数が変わりました。変更点はこちら

 

試験日

2019年11月23日(土曜・祝日)

 

選抜方法

試験の種類 試験の内容 試験時間 配点
小論文 英文読解と、その英文を参考にした日本語による小論文の記述により、論理的思考力、創造力、表現力などを評価します。 90分 40点
面接 志願動機、興味・関心、将来の進路などに関する質問から学習意欲、理解力、表現力などを、また、集団面接では、チームワーク、リーダーシップなどを含めて総合的に評価します。 個人面接は10分
集団面接は30分
60点

 

※看護学科、栄養学科、リハビリテーション学科の面接は個人面接です。
※社会福祉学科の面接は集団面接です。ただし志願者数により個人面接とすることがあります。
※個人面接は試験官2~3人の形式を基本とします。
※集団面接は受験者4~6人、試験官2~3人の形式を基本とします。

2020(令和2)年度 学生募集要項 2019年7月23日更新【郵便料金改訂】(PDFファイル:1MB)

 

Adobe Reader のダウンロード
Adobe Reader のダウンロードPDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
このページの先頭へ