研究活動

「在宅にて口から食べるを支える摂食嚥下ケア」交流セッション開催

2018年11月2日

 日本看護技術学会第17回学術集会(青森県立保健大学)にて「在宅にて口から食べるを支える摂食嚥下ケア」交流セッションを開催しました。発表メンバーは、水戸優子教授(神奈川県立保健福祉大学)、本学修士課程修了生(1期生)の芳村直美さん、現在博士課程院生の鈴木恵さんです。その様子を報告します。

 

交流セッション報告(PDF:976KB)

このページの先頭へ