研究活動

日本看護学教育学会第28回学術集会を開催しました

2018年9月27日

 本学 白水眞理子教授が学術集会長を務めた日本看護学教育学会第28回学術集会が8月28日(火)、29日(水)パシフィコ横浜で開催されました。

 「看護実践能力をはぐくむディープ・アクティブ・ラーニング」のメインテーマのもと、全国の看護系教育機関及び病院関係の方々にご参加いただき、参加者は2日間で2000名を超え、盛会裏に終えることが出来ました。

 本学術集会では教育講演、海外招聘講演、2つのシンポジウム、パネルディスカッション、5つの共催セミナーの他、いずれのセッションでもすばらしい御講演を賜りました。一般演題発表におきましても 優れたご発表ならびに活発な討議が⾏われ、参加者の看護教育に対する関心の深さを実感いたしました。

 また、本学術集会において開催された市民公開講座「高齢者がおいしく楽しく暮らすための栄養学」では、本学の中村丁次学長が講演をされ、神奈川県内の皆様をはじめ、多くの方々にご参加いただきたました。

 皆様からの多大なるご支援、ご協力を賜りましたことを心より感謝申し上げます。

①
参加者の皆様から、本学術集会のプログラムについて概ね満足している、とのご回答をいただきました。

 

 

① ②

 

③ ④

 

③ ④

 

③
このページの先頭へ