学部

岩崎 俊晴(Toshiharu Iwasaki)

2017年11月2日

所属

所属(学科)

人間総合・専門基礎担当
大学院保健福祉学研究科

職位

教授

略歴等

最終学歴・学位

群馬大学大学院医学系研究科
医学博士

主な職歴

年月日所属
平成 4年 6月 群馬大学第一内科
平成10年 7月 Brigham and Women's Hospital and Harvard Medical School, Postdoctoral research fellow
平成11年10月 Eli Lilly and Company, Postdoctoral research fellow
平成13年12月 群馬大学医学部 器官機能学(現応用生理学分野)助手
平成16年 4月 群馬大学大学院 医学系研究科 応用生理学分野 講師
平成27年 7月 現職

専門等

専門分野

内分泌・代謝学(分子内分泌学、内分泌生理学、環境生理学)

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

疾病と治療
内科学 1,2
人体の構造と機能及び疾病
病態生理学
生体機能学
生体機能学実習
生理学
生理学実習

研究テーマ

核内ホルモン受容体とそのコファクターの関与する転写制御
エネルギー代謝における有酸素運動及び核内受容体の影響
植物ポリフェノールの核内受容体のシグナル伝達への影響
脳発達における核内ホルモン受容体の影響
化学物質の核内ホルモン受容体への影響

主な所属学会・審議会等

日本内科学会
日本内分泌学会 (評議員) 
日本甲状腺学会(評議員)
日本糖尿病学会
日本生理学会 (評議員)
日本臨床栄養学会
日本栄養・食糧学会
日本神経科学学会
北米内分泌学会 Endocrine Society
北米神経科学会 Society for Neuroscience

研究等

主な論文・著書

論文

  • Ariyani W, Iwasaki T, Miyazaki W, Khongorzul E, Nakajima T, Kameo S, Koyama H, Tsushima Y, Koibuchi N.  2016 Effects of Gadolinium-Based Contrast Agents on Thyroid Hormone Receptor Action and Thyroid Hormone-Induced Cerebellar Purkinje Cell Morphogenesis. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27617003> Front Endocrinol. 7:115. doi: 10.3389/fendo.2016.00115.
  • Lesmana R, Iwasaki T, Iizuka Y, Amano I, Shimokawa N, Koibuchi N. 2016 The change in thyroid hormone signaling by altered training intensity in male rat skeletal muscle. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27350720>   Endocr J. 63:727-38. doi: 10.1507/endocrj.EJ16-0126.
  • Amano I, Takatsuru Y, Toya S, Haijima A, Iwasaki T, Grasberger H, Refetoff S, Koibuchi N. 2016 Aberrant Cerebellar Development in Mice Lacking Dual Oxidase Maturation Factors. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26914863>  Thyroid. 26:741-52. doi: 10.1089/thy.2015.0034.
  • Yu L, Iwasaki T, Xu M, Lesmana R, Xiong Y, Shimokawa N, Chin WW, Koibuchi N. 2015 Aberrant cerebellar development of transgenic mice expressing dominant-negative thyroid hormone receptor in cerebellar Purkinje cells. Endocrinology 156: 1565-1576. doi: 10.1210/en.2014-1079.
  • Xu M, Iwasaki T, Shimokawa N, Sajdel-Sulkowska EM, Koibuchi N. 2013. The effect of low dose lipopolysaccharide on thyroid hormone-regulated actin cytoskeleton modulation and type 2 Iodothyronine deiodinase activity in astrocytes. Endocrine J 60: 1221-1230.
  • Hirooka-Masui K, Lesmana R, Iwasaki T, Xu M, Hayasaka K, Haraguchi M, Takeshita A, Shimokawa N, Yamamoto K, Koibuchi N. 2013 Interaction of silencing mediator for retinoid and thyroid receptors with steroid and xenobiotic receptor on multidrug resistance 1 promoter. Life Sci 92: 911-915, doi: 10.1016/j.lfs.2013.03.007.
  • Ibhazehiebo K, Iwasaki T, Okano-Uchida T, Shimokawa N, Ishizaki Y, Koibuchi N. 2011. Suppression of thyroid hormone receptor-mediated transcription and disruption of thyroid hormone-induced cerebellar morphogenesis by the polybrominated biphenyl mixture, BP-6. Neurotoxicology 32: 400-409.
  • Ibhazehiebo K, Iwasaki T, Xu M, Shimokawa N, Koibuchi N. 2011. Brain-derived neurotrophic factor (BDNF) ameliorates the suppression of thyroid hormone-induced granule cell neurite extension by hexabromocyclododecane (HBCD). Neurosci Lett 493: 1-7.
  • Ibhazehiebo K, Iwasaki T, Shimokawa N, Koibuchi N. 2011. 1,2,5,6,9,10-α Hexabromocyclododecane (HBCD) impairs thyroid hormone-induced dendrite arborization of Purkinje cells and suppresses thyroid hormone receptor-mediated transcription. Cerebellum10: 22-31.
  • Ibhazehiebo K, Iwasaki T, Kimura-Kuroda J, Miyazaki W, Shimokawa N, Koibuchi N. 2011. Disruption of thyroid hormone receptor-mediated transcription and thyroid hormone-induced Purkinje cell dendrite arborization by polybrominated diphenyl ethers. Env Health Perspect 119: 168-175.

受賞歴

2007年11月 日本甲状腺学会,七條賞
2009年11月 日本甲状腺学会,基礎医学研究助成
2012年11月 日本甲状腺学会,コスミック研究創成賞優秀賞

特許等

2010年11月 特許(日本)「タンパク質-標的物質の結合検出方法」
第4631058号,出願日:平成13年4月2日

 

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ