学部

大島 憲子(Noriko Oshima)

2015年12月14日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 社会福祉学科

職位

准教授

略歴等

最終学歴・学位

淑徳大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了
修士(社会福祉学)

主な職歴

年月日所属
2007年 4月 目白大学人間学部人間福祉学科介護福祉士課程設置準備委員
2008年 4月 目白大学人間学部人間福祉学科 准教授(2010年 3月)
2010年 4月 認知症介護研究・研修東京センター 主任研修主幹(2012年 3月)
2012年 4月 現職

専門等

専門分野

介護福祉,地域看護学,高齢者看護学,認知症ケア

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

介護技術演習1
介護技術演習2
介護技術演習4(医療的ケア)
形態別介護技術演習1
介護福祉実習1~3

研究テーマ

・介護福祉教育における人材養成のあり方に関する研究
・在宅医療・介護連携のための人材育成に関する研究
・認知症施策と認知症ケアの質の向上に関する実践研究

主な所属学会・審議会等

かながわ高齢者保健福祉計画評価・推進等委員会委員(2015.4~)
神奈川県在宅医療推進協議会委員(2015.2~)
神奈川県地域包括ケア会議委員(2015.2~)
横須賀市介護保険運営協議会委員(2014.9~)
介護キャリア段位制度 アセッサー講習・外部評価審査員講習の在り方に関する検討チーム検討委員(2012~2014)
日本認知症ケア学会 評議員(現,代議員)(2006~)

研究等

主な社会・地域活動

講演:平成26年度 ゆめクラブ大学 講師 「介護保険制度と認知症ケア」 2013-2014(※横須賀・三浦ブロック連絡協議会主催による「ゆめクラブ大学」における講演)
「アクティブ福祉in東京」研究発表審査委員,2010 (主催:東京都)
東京都認知症介護研修カリキュラム等検討委員会 委員 2010

主な論文・著書

論文

  • 大島憲子:地域連携のための認知症地域支援推進員の役割「老年精神医学雑誌」Vol.23(3);305-313,ワールドプランニング,2011.
  • 大島憲子:障害者欠格条項に関する研究,創造学園大学紀要,221-226,2005.
  • 大島憲子:自治体における精神障害者の利用制限の問題,ジョイフルビギン,15;81-88,現代書館,2002.
  • 大島憲子:介護教員講習会における教育の現状-受講後の行動変容-,神奈川県立保健福祉大学実践教育センター 研究集録;6-13,2006.

著書(共著)

  • 大島憲子(2015.3):第1章第4節・第5節・第6節.社会福祉学習双書編集委員会編:新版・社会福祉学習双書2015 第15巻 介護概論;13-33,東京,全国社会福祉協議会(2009~).
  • 日本介護福祉学会辞典編纂委員会編:介護福祉学事典;自尊感情と介護,;726-729,京都,ミネルヴァ書房,2014.
  • 筒井孝子,他:利用者状態像に応じた介護職における技術評価のレベル分類に関する研究事業委員会編:介護プロフェッショナル キャリア段位制度 評価者「アセッサー講習テキスト」;シルバーサービス振興会,(2012~).

 

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ