学部

川久保 寛(Hiroshi Kawakubo)

2018年6月20日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 社会福祉学科
大学院保健福祉学研究科

職位

講師

略歴等

最終学歴・学位

北海道大学大学院法学研究科法学政治学専攻博士後期課程修了 博士(法学)

主な職歴

年月日 所属
2013年4月 北海道大学大学院法学研究科・助教(2013年9月)
2013年10月 現職

専門等

専門分野

社会保障法

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

社会保障論
権利擁護と成年後見制度
社会福祉基礎演習1、2
ソーシャルワーク実習指導
社会保障特論(大学院)

研究テーマ

介護保険の基本構造
社会保障領域における地方自治体の責務
ドイツ介護保険法の法的分析
高齢者法(成年後見制度、意思決定支援ほか)

主な所属学会・審議会等

日本社会保障法学会・会員、編集委員(2016年12月から)
比較法学会・会員
横須賀市社会福祉協議会よこすか市民後見人等運営事業推進会議・委員

研究等

主な社会・地域活動

横須賀市・地域包括支援センター総評担当
横須賀市大津地域包括支援センター地域ケア会議・委員

主な論文・著書

論文

  • 川久保寛(2018)「通所介護記録に記載のないサービスの提供と介護報酬の返還請求」北大法学論集69巻2号.
  • 川久保寛(2018)「境界層措置の意義と課題」週刊社会保障2973号40-45頁.
  • 川久保寛(2016)「原爆医療給付と放射線起因性」別冊ジュリスト(社会保障判例百選)227号232-233頁.
  • 川久保寛(2016)「生活保護法施行規則19条にいう書面による指導・指示と理由の提示」北大法学論集66巻6号218-232頁.
  • 川久保寛(2016)「市民後見人制度の現状と課題 -『よこすか市民後見人』制度の分析を通じてー」神奈川県立保健福祉大学誌13巻1号15-24頁.
  • 川久保寛(2015)「ドイツ介護保険制度における保険料率の法定の意義 -成立・改正における議論を参照して-」社会保障法30号159-173頁.
  • 川久保寛(2015)「年金保険料の追納と督促 -学生納付特例制度を題材に-」企業年金34巻4号20-21頁.
  • 川久保寛(2015)「差押等禁止債権である児童手当を原資とする預金債権の差押え」北大法学論集65巻6号195-210頁.
  • 川久保寛(2015)「行政委員の月額報酬の可否」神奈川県立保健福祉大学誌12巻1号15-22頁.
  • 川久保寛(2014)「遺族補償年金の支給と憲法14条1項」季刊社会保障研究50巻3号352-360頁.
  • 川久保寛(2012)「介護保険法22条3項にいう『偽りそのほか不正の手段』と介護報酬・加算金の請求について」北大法学論集63巻4号97-112頁.
  • 川久保寛(2011)「老齢加算の廃止と生活保護法56条の適用の可否」北大法学論集62巻1号141-156頁.

著書

  • 川久保寛(2017)「第2章 ドイツ介護保険制度における介護者の支援」JILPT資料シリーズ186号『ヨーロッパの育児・介護休業制度』(分担執筆)18-29頁.
  • 川久保寛(2009)「諸外国の更生保護制度」木村隆夫・中川純編著『更生保護制度』久美出版(分担執筆)166-173頁.
このページの先頭へ