学部

野村 美香(Mika Nomura)

2014年1月22日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 看護学科
大学院保健福祉学研究科

職位

教授

略歴等

最終学歴・学位

聖路加看護大学大学院  看護学研究科  博士後期課程・博士(看護学)

主な職歴

年月日所属
1985年4月 筑波大学附属病院(1989年3月)
1995年4月 聖路加看護大学看護学部 助手(1998年3月)
2001年4月 日本赤十字広島看護大学看護学部 講師(2003年3月)
2003年4月 日本赤十字広島看護大学看護学部 准教授(2005年3月)
2005年4月 国際医療福祉大学小田原保健医療学部 准教授(2007年3月)
2007年4月 聖路加看護大学看護学部 准教授(2008年3月)
2008年4月 国際医療福祉大学小田原保健医療学部 教授(2010年3月)
2010年4月 現職

専門等

専門分野

がん看護
緩和ケア
急性期看護

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

成人看護学(急性期)1
成人看護学(急性期)2
がん看護学特論1
がん看護学特論2
がん看護援助論

研究テーマ

治療期、終末期にあるがん患者の緩和ケア
がん患者と家族の心理的ケア
がん看護における倫理的課題
手術療法を受ける患者の看護

主な所属学会・審議会等

日本がん看護学会 理事 2013年6月から、教育研究活動委員 2007年4月から
日本看護科学学会 倫理検討委員 2010年4月から2012年2月、査読委員 2008年4月から
聖路加看護学会 編集委員 2008年4月から
日本看護系大学協議会 データ整備委員会 2007年4月から

研究等

主な社会・地域活動

東京都がん拠点病院における緩和医療人材教育研修で講演 2007.2
在宅エンドオブライフライフケアセミナーで講演 2008.11
第31回日本看護科学学会学術集会で座長 2011.12..3.
第27回日本がん看護学会教育セミナー座長 2012.2.16

主な論文・著書

論文

  • 野村美香,中村英子,窪田光枝(2013).日本学術振興会科学研究費補助金一般研究(B)がん患者と家族の主体性を育む都市型病院を核としたケアリングコミュニティの創成.
  • 藤本美生,小松浩子, 内布 敦子,野村美香他13名(2012).「がん放射線療法看護認定看護師」領域認定申請報告と認定看護師への期待,日本がん看護学会誌,25巻1号,62-63
  • 島内 節, 太田 惠一朗, 野村 美香, 薬袋 淳子, 溝尾 朗, 内田 恵美子, 和田 洋子, 木下 朋雄(2011).がん患者の病院から在宅ケア移行における退院基準と連携システムの開発,医科学応用研究財団研究報告,28巻,Page77-84
  • 野村 美香, 窪田 光枝(2010).終末期がん患者・家族の共同参画を促す症状マネジメントマニュアルの開発,国際医療福祉大学紀要,14巻2号,Page123-130
  • 野村美香、藤田佳子、三井成子(2004).がん治療過程における家族集団のゆらぎに関する研究死の臨床,27(1),69~75

著書

  • 野村美香(2012).神田清子編,看護データブック 周手術期,腎・泌尿器,女性生殖器,運動器,皮膚に関するデータ,医学書院.
  • 加納佳代子,野村美香,山下朱寛(2011).小野寺綾子,陣田康子編,腎・尿路系がん,新看護観察のキーポイントシリーズ成人内科Ⅲ,中央法規出版,
  • 野村美香、土地邦彦、辻彼南雄、長﨑光枝(2008).島内節他編 在宅エンド・オブ・ラクフケア(終末期ケア)Ⅳ章症状マネジメント,イニシア.
  • 野村美香(2008).長谷川雅美、林優子編集,疾患と看護過程実践ガイド 第4章 腎泌尿器疾患 膀胱がん、前立腺がん、第6章 脳神経疾患 脳腫瘍,医学芸術社  ほか

 

研究業績等、その他詳細はJ-GLOBALのページをご覧ください。

   J-GLOBALのページへ移動

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ