学部

岸川 学(Manabu Kishikawa)

2015年1月7日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 社会福祉学科

職位

助教

略歴等

最終学歴・学位

神奈川県立保健福祉大学大学院  保健福祉学研究科・修士(社会福祉学)

主な職歴

年月日所属
1998年4月 社会福祉法人横須賀たんぽぽの郷わたげ(知的障害者通所更生施設)援助職員(2005年3月)・主任(2006年4月から2011年3月)
2011年4月 現職

専門等

専門分野

社会福祉学
ソーシャルワーク

担当科目(注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

社会福祉基礎演習1・2
ソーシャルワーク実習
ソーシャルワーク実習指導1・2
保健医療福祉論1

研究テーマ

地域社会を生活の基盤とした自閉症児・者に対する支援

主な所属学会・審議会等

日本社会福祉学会
日本キリスト教社会福祉学会
日本地域福祉学会
ヒューマンサービス研究会
対人援助学会

研究等

主な社会・地域活動

鎌倉市障害者福祉計画推進委員会 委員長2011.8から
横須賀市障害程度区分審査会 委員2012.9から
横須賀市障害とくらしの支援協議会 くらしを支える連絡会 会長2013.4から
神奈川県障害者作業所連絡会研修会で講演「小規模事業所の支援とは―小規模ゆえの支援力、できることを考える―」 2013.5
大島藤倉学園で講演「自閉症者の問題行動とその支援」 2013.5
三浦しらとり園で講演「『本人支援』を考える-施設ケアとリスクマネジメント」2014.11

主な論文・著書

論文

  • 岸川学(2010)「成人期自閉症者の地域での生活支援―ライフストーリーに基づく生活構造の解明と地域での生活支援の展望と課題」神奈川県立保健福祉大学大学院修士論文
  • 岸川学(2012)「障害のある人の地域生活移行に関する研究―神奈川県 障害者の地域生活移行における実態調査から―」『ヒューマンサービス研究2』,神奈川県立保健福祉大学ヒューマンサービス研究会
  • 岸川学(2013)「自閉症者と家族の支援における課題―成人期自閉症者と家族のライフストーリーに基づく考察―」『社会福祉研究』第118号,鉄道弘済会
  • 岸川学(2013)「自閉症者と家族への生活支援に関する一考察―Kさんと家族のライフストーリーを通して―」『ヒューマンサービス研究3』,神奈川県立保健福祉大学ヒューマンサービス研究会
  • 小野弓絵,嶋田総太郎,岸川学,田中暢子(2014)「自閉症スペクトラム障害(ASD)を伴う成人のチームエアロビック活動時における自律神経指標の動的変化」,日本自律神経学会『自律神経』51巻1号

 

研究業績等、その他詳細はJ-GLOBALのページをご覧ください。

   J-GLOBALのページへ移動

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ