学部

長谷 龍太郎(Ryutaro Nagatani)

2014年1月22日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻
大学院保健福祉学研究科

職位

リハビリテーション学科長
教授

略歴等

最終学歴・学位

  • University of Southern California, Graduate School of Arts and Science, Occupational Therapy Major, Master of Arts Occupational Therapy
  • 東京都立保健科学大学大学院  保健科学研究科 博士課程後期 単位取得
  • 保健科学博士号 (東京都立保健科学大学 保博第9号) 取得

主な職歴

年月日所属
1981年4月 東京都立 北療育園 城南分園(1985年3月)
1985年4月 京都大学 医療技術短期大学部 助手(1989年3月)
1989年4月 国立療養所箱根病院 厚生教官(2000年3月)
2000年4月 茨城県立医療大学 保健医療学部 助教授(2003年3月)
2001年4月 同大学院保健医療科学研究科 助教授(専任・M〇合)
2003年4月 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 助教授(2007年3月)
2007年4月 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 リハビリテーション学科 教授
同大学院 保健福祉学研究科 教授(専任・M〇合)
2013年4月 現職

専門等

専門分野

作業療法(発達障害領域)

担当科目

作業療法概論
作業適応学
作業療法研究法
生活障害作業療法学特論
生活障害作業療法学演習

研究テーマ

肢体不自由児者に対する作業療法の研究
広汎性発達障害児に対する作業療法の研究
作業療法場面の推論(作業療法リーズニング)に関する類型と実際の研究
作業療法の理論変遷に対する歴史的研究

主な所属学会・審議会等

日本作業療法学会
日本作業行動研究会
日本保健科学学会
日本作業療法研究会
日本リハビリテーション教育評価機構 評価員(2012年4月から)

研究等

主な社会・地域活動

日本作業行動研究会 副会長 2005年4月から
首都大学東京 教員評価委員会及び教員選考委員会 外部委員2011年から
岡山県作業療法士会 現職者研修会講師.2012年7月22日
神奈川県作業療法士会 現職者研修会講師.2012年9月30日
東京都作業療法士会 現職者研修講師.2013年2月3日

主な論文・著書

論文

  • Tomori K, Uezu S, Kinjo S, Ogahara K, Nagatani R, Higashi T.(2012)『Utilization of the iPad application: Aid for Decision-making in Occupation Choice』. Occup Ther Int. Jun;19(2):88-97.
  • Tomori K, Saito Y, Nagayama H, Seshita Y, Ogahara K, Nagatani R, Higashi T.(2012)『Reliability and validity of individualized satisfaction score in aid for decision-making in occupation choice』.Disabil Rehabil. May 30.
  • 田中秀宜, 長谷龍太郎(2012).『在宅脳血管障害患者における公共交通機関の利用状況と健康関連QOLの関係について』,総合リハビリテーション.40,3,304.
  • 笹田絵莉, 市丸麻衣, 齋藤佑樹, 友利幸之介,小河原格也,長谷龍太郎(2012).『作業遂行に対する満足度を包括的にスクリーニングするための評価法開発』,日本作業療法研究学会雑誌.14,2,17-22.
  • 瀬下義正, 長山洋史, 齋藤佑樹, 小河原格也, 長谷龍太郎, 利幸之介(2011).『作業選択意思決定支援ソフト(ADOC)の満足度測定における妥当性の検証』,日本作業療法研究学会雑誌.14,1,29-31.

著書

  • 山田 孝, 長谷 龍太郎 (編集)(2012)『標準作業療法学専門分野 作業療法研究法』 医学書院; 第2版
  • 長谷龍太郎(編集)(2011)『発達障害領域の作業療法 (クリニカル作業療法シリーズ)』中央法規出版」

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ