学部

内田 賢一(Ken-ichi Uchida)

2014年1月22日

所属

所属(学科)

保健福祉学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻
大学院保健福祉学研究科

職位

准教授

略歴等

最終学歴・学位

横浜市立大学大学院国際文化研究科博士前期課程・修士(学術)

主な職歴

年月日所属
1989年4月 藤沢市民病院リハビリテーション科(2003年3月まで)
2003年4月 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部 助手(2005年3月まで)
2005年4月 同 講師(2009年3月まで)
2009年4月 現職

専門等

専門分野

理学療法教育学
呼吸理学療法学
運動生理学

担当科目

内部疾患系運動療法学
スポーツ理学療法学特論
生活環境学
理学療法管理学
筋・骨格系運動療法学

研究テーマ

パーキンソン病患者の呼吸循環動態に関する研究
早期COPD患者に対する理学療法効果に関する研究
理学療法士養成教育方法に関する研究
理学療法士養成課程における学生の職業適性に関する研究

主な所属学会・審議会等

日本理学療法士協会(1989年から)
呼吸ケア・リハビリテーション学会(1993年から)
医学教育学会(2003年から)
厚生労働省理学療法士作業療法士国家試験委員会委員(2007年から)
神奈川県健康寿命日本一戦略会議委員(2013年から)

研究等

主な社会・地域活動

藤沢南部地区リハビリ学術サークル テーマ別勉強会Ⅰ「周術期および脳卒中患者に対する呼吸介助-理論編-」講師 2010.6.4.(藤沢)
(社)神奈川県理学療法会 普及啓発部講演会 「ちょっとだけ、その息苦しさを楽にしてみませんか?-リハビリテーションと呼吸理学療法-」講師 2010.11.13.(横須賀)
豊橋創造大学 「理学療法士という職業を考える-医療専門職に求められる態度とキャリアアップについて」講師 2011.2.28.(愛知県)
(社)神奈川県理学療法士会「呼吸介助の理論と実際」中途障害支援部主催研修会 講師 2011.10.1.
横浜薬科大学臨床薬学科 非常勤講師(2006年4月から)

主な論文・著書

論文

  • 内田賢一,斎藤幸広,友井貴子,濱野俊明,高関じゅん,畠中佳代子,松島理恵:変形性関節症術後の早期理学療法―人工股関節置換術を中心に―.理学療法ジャーナル.37.767-772.2003.
  • 内田賢一,長澤 弘,櫻井好美,武田秀和:パーキンソン病患者の6分間歩行距離と呼気ガス分析による酸素摂取量からみた行動体力に関する研究.理学療法-技術と研究-33:35-39,2005.
  • 内田賢一:4年制大学における理学療法士養成教育に関する研究.横浜市立大学大学院国際文化研究科修士論文.2005.
  • 内田賢一:高齢者に多発する大腿骨頚部骨折の治療方法と理学療法について.機器・試薬28(2):125-132,2005.
  • 内田賢一:4年制大学における理学療法士養成教育の研究-臨床実習指導者に対するアンケートと学生の職業適性について.国際文化研究紀要12:255-259.2005.
  • Ken-Ichi Uchida, Hiroshi Nagasawa, Yoshimi Sakurai, Mineko Fujita, Ryo Yonetsu, Renzo Okamoto : Changes in Fitness Performance of Parkinson’s Disease Patients Following a Backward Treadmill Walking Program- Assessment with Expiratory Gas Analysis -. The 9th ASAPE.PROCEEDINGS.121-124.2006.
  • 内田賢一,藤田峰子,菅原憲一,鶴見隆正:理学療法学専攻に入学した学生のVPI(Vocational Preference Inventory)職業興味検査による理学療法士としての適性に関する分析.神奈川県立保健福祉大学誌(4).37-43.2007.
  • 内田賢一:臨床実習サブノート-知っておきたい理学療法評価のポイント-慢性呼吸器疾患患者を担当した時.PTジャーナル41:1077-1082,2008.
  • 内田賢一:理学療法とクリニカルリーズニング.理学療法-技術と研究-39,1-4,2011.
  • 内田賢一:我が国における理学療法士の源流を探る-明治から第二次世界大戦にかけて-.神奈川県立保健福祉大学誌10:87-96,2013. ほか

著書

  • 内田賢一:大腿骨頚部骨折.骨関節系理学療法実践マニュアル.文光堂.2006.(共著)
  • 内田賢一:大腿骨骨幹部骨折.骨関節系理学療法実践マニュアル.文光堂.2006.(共著)
  • 内田賢一:骨盤骨折.骨関節系理学療法実践マニュアル.文光堂.2006.(共著)
  • 内田賢一:肺理学療法.脳卒中理学療法実践マニュアル.文光堂.2007.(共著)
  • 内田賢一,鶴見隆正:腰痛に対する理学療法のEBM.伊藤俊一,他編.理学療法MOOK14-腰痛の理学療法-.三輪書店.2008.(共著)
  • 内田賢一:生活環境のフィールドワークの実践.鶴見隆正編.標準理学療法学-日常生活活動学・生活環境学-.医学書院.2009.(共著)
  • 内田賢一:体力低下 パーキンソン病の理学療法.奈良勲(監),医歯薬出版.2011.(共著)

 

研究業績等、その他詳細はJ-GLOBALのページをご覧ください。

   J-GLOBALのページへ移動

このページに関するお問い合わせ先

事務局 企画課
お問い合わせフォーム
電話番号:046-828-2530

このページの先頭へ