大学院

教育カリキュラム(博士前期課程)

2017年3月10日

本学大学院博士前期課程の教育課程は、共通科目と専門科目に分かれています。共通科目には、全員必修の基幹科目「ヒューマンサービス特論」および、連携科目基礎科目を設けています。

連携科目には、保健・医療・福祉の各分野の枠にとらわれない幅広い知識を習得し、他分野との連携・協力を図ることのできる能力を育成するための科目を配置しました。特に「専門連携」の各科目は、専門職間の理解と連携を学ぶことをねらいとしています。また修了後の進路を想定して、自治体などの行政機関で保健・医療・福祉に関連する政策の立案などを担当する人材を想定した「政策・行政」、保健・医療・福祉に関連する施設などの管理・運営を担当する人材を想定した「管理」、地域に根ざし、在宅介護等の保健・医療・福祉サービスの提供を行う人材を想定した「地域」の3つのカテゴリーに分かれた科目を配置しました。

基礎科目には、各自が研究課題を探求し、また修了後も研究的な視点で課題解決に取り組んでいくことのできる基礎的な能力を培うことを目的とした科目を配置しています。

これらの科目群に加え専門科目においては、他領域の履修を広く認め、高いレベルでの人材育成をめざしています。

 

共通科目 (注:ローマ数字をアラビア数字に置き換えています。)

共通科目:基幹科目:ヒューマンサービス特論
    :連携科目:政策・行政:保健福祉政策特論、地方自治行政論
             管理:福祉医療管理特論、人事管理・育成論
             地域:地域ケア特論、ケアマネジメント特論
           専門連携:ヒューマンサービス演習、コンサルテーション論
    :基礎科目:研究法1、研究法2

大学院の教育カリキュラム構成図

 

論文審査および最終試験に関する要領

看護領域論文審査および最終試験に関する要領 (PDFファイル:116KB)

栄養領域論文審査および最終試験に関する要領(PDFファイル:120KB)

社会福祉領域論文審査および最終試験に関する要領(PDFファイル:112KB)

リハビリテーション領域論文審査および最終試験に関する要領 (PDFファイル:120KB)

 

Adobe Reader のダウンロード
Adobe Reader のダウンロードPDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

 

 

このページの先頭へ