地域貢献

本学も協働する「神奈川・食育をすすめる会」が食育活動表彰で受賞

2019年4月24日

 本学も活動に参加している「神奈川・食育をすすめる会」が農林水産省主催の第3回食育活動表彰の消費・安全局長賞を受賞しました。

 「神奈川・食育をすすめる会」は、神奈川県を中心に店舗を展開する食品小売り3社が事務局となり、食品関係事業者の立場から食育活動を推進しています。また当会では、食品関連事業者以外にも、行政や大学などとも協力しながら、神奈川県民の食育推進に取り組んでいます。
 本学の中村丁次学長は会長を務めており、食育サークル「シーラボ☆」も活動に参加しています。

 

本学の取組み

食育サークル「シーラボ☆」が、日頃の学びを活かして開発した栄養バランスを考えたメニューを、「バランスアップメニュー」として小売り各社の店舗で年に4回配布しています。

本学の取組みについて紹介している事例集はこちらをご覧ください。

 

バランスアップメニュー
バランスアップメニュー

 

「食育活動表彰」について

 ボランティア活動、教育活動、農林漁業、食品製造・販売等その他の事業活動を通じた食育関係者の取組を対象として、その功績を称えるとともに、その取組の内容を広く国民に周知し、食育を推進する優れた取組が全国に展開されていくことを目的として、農林水産省が実施しています。

農林水産省「食育活動表彰」のページ

このページの先頭へ