地域貢献研究センターと横須賀市共催の講演会を開催しました

2015年2月10日

 2月8日に本学講堂で、保健福祉大学・横須賀市包括連携協定締結、地域貢献研究センター開設一周年記念講演会「2020年東京オリンピック・パラリンピックにむけて」を開催いたしました。
 当日は、東京オリンピック、メキシコオリンピック重量挙げ金メダリストの三宅 義信氏による特別講演「私とオリンピック」が行われました。

 また、本学栄養学科 鈴木 志保子教授による「食べることは楽しいトレーニング」の講演や、横須賀市体育協会副会長 齋藤 幸次氏、神奈川県オリンピック・パラリンピック担当科長 三枝 茂樹氏も加わり「2020年東京オリンピック・パラリンピックにむけて」をテーマとした座談会を開催いたしました。

 参加いただいた一人一人が、2020年に開催されるオリンピック・パラリンピックにむけて、今から取組むべきことなどについて考えることができた大変有意義な講演会となりました。

 三宅氏の講演の様子 本学鈴木教授の講演の様子 座談会の様子
(写真は左から、三宅氏、本学鈴木教授の講演及び座談会の様子)

 

 ※講演会は終了いたしました。

テーマ

「2020年東京オリンピック・パラリンピックにむけて」

日時

平成27年2月8日(日曜)13時30分から16時30分
※12時50分から受付開始

会場

保健福祉大学 講堂

定員、参加費

定員 :先着400名(事前申込は不要です)
参加費:無料

その他

車での来学は、ご遠慮ください。

  地域貢献研究センター開設一周年記念講演会資料(PDFファイル:545KB)

 

共催

 神奈川県立保健福祉大学 地域貢献研究センター・横須賀市

 

お問い合わせ

当センターへの問合せには、次の「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

保健福祉大学 地域貢献研究センターへのお問い合わせフォーム

  • 別画面で、神奈川県の「お問い合わせフォーム」のページを表示します
  • 「ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない」といった表示が出る場合は、再読み込み等、もう一度アクセスしてください

 

Adobe Reader のダウンロード
Adobe Reader のダウンロードPDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
このページの先頭へ