Campuslife

戻る

在学生Voice

戻る

Voice

栄養の知識を身に付けるだけではなく、栄養の必要性を「伝える」ことも大切にしたい

青野 実苗

栄養学科

神奈川県立保健福祉大学に入学を決めた理由は?

管理栄養士の資格を取りたく、卒業時に国家試験受験資格をもらえる学科に絞っていました。そのなかでも本学は設備が圧倒的に整っており、より充実した勉強ができると思いました。実際に入学して、学生数が少ないので、学生同士協力し合ったり、先生方との距離が近く、相談がしやすいのもこの大学の好きなポイントです。

大変なこと、苦労していることは?

サークル活動やアルバイトとの両立です。大学の授業や実習に加えて、課題も出るので、やりたいことを全部やるには効率良く回さなくてはいけないので大変です。ただ、自己管理能力も身に付くという面ではとてもいいと思っています。

好きな科目とその理由は?

給食経営管理論とその実習です。自分が食べていた給食が、どういうところに考慮されて作られているのか、知ることができます。また、実習では大量調理を行うのですが、みんなで協力、工夫して、よりおいしく、よりきれいに給食を提供できるように取り組み、給食を食べてくれた人たちから嬉しい感想を聞けるので好きな授業です。

今後、取り組んでいきたい研究や学びは何?

栄養の知識を身に付けるだけではなく、栄養の大切さや必要性を伝え、多く人に健康的な生活を送ってもらえるよう、「伝え方」についても学んでいきたいです。

学びや実習、臨地実習などを通じて成長したと感じる点は?

栄養や食という観点だけでは問題が解決することは少ないと実感しました。生活や考え方にまで気を配り、目を向けられるようになった点が成長したと感じます。

将来目指したいことは?

子供の頃から栄養の整った生活をしていってほしいと思っているので、それを手助けできる小学校の栄養教諭になりたいです。

最後に、受験生に向けてメッセージをどうぞ!

本学の栄養学科では栄養の知識はもちろん、同じ夢を持った友達やここでしかできない経験が得られます!自分を信じて頑張って下さい!!

前のページに戻る