Campuslife

戻る

在学生Voice

戻る

Voice

福祉を学ぶ仲間とのディスカッションを通して、多角的に物事を考える力を身につけます

門司 雅人

社会福祉学科

神奈川県立保健福祉大学に入学を決めた理由は?

社会福祉士国家試験合格率の高さに魅力を感じました。また現場では、他分野の専門職同士の連携が重要視されるため、他学科と共に学ぶ授業で、多職種の視点を知る機会が多いことにも魅力を感じ、入学を決めました。

大変なこと、苦労していることは?

高校時代と比べ、複数の学生と一緒に討論や研究を行う授業が多く、協力して何かを作り上げる難しさを感じています。しかし、そうした経験は将来の実践現場におけるスタッフ同士の協働に活かすことができると思っています。

好きな科目とその理由は?

ソーシャルワーク演習Ⅰでは、実際の事例をもと、面接のロールプレイを交えながら、相談援助の過程や技術について学びます。困難を抱えている人を支える、社会福祉の仕事の意義や、社会福祉の道を志すことの魅力を改めて実感させてくれる授業です。

今後、取り組んでいきたい研究や学びは何?

授業で引きこもり問題を調べたことがきっかけで、引きこもりの方が地域の中で居場所をつくれるよう、ボランティアを始めました。利用者の方と接しながら、安心して社会復帰への関心を高められる環境づくりに取り組んでいます。またボランティアを通して、地域の中で問題を抱えていても支援に繋がりにくい方がいることも知りました。そうした方を潜在化させずに発見し、伴走的にサポートする支援体制ついて、今後研究していきたいと考えています。

学びや実習、臨地実習などを通じて成長したと感じる点は?

1年次と2年次の社会福祉基礎演習では、1つのテーマについて学生でチームを組み、共同研究をします。福祉を学ぶ仲間とのディスカッションなどを通して、多角的に物事を考える力を身に付けることができていると感じています。

将来目指したいことは?

地域住民と身近に関わりながら、さまざまな問題を抱える当事者を支援する地方公務員に関心があります。地域の窓口としてだけではなく、関係機関と積極的に連携を図り、支援のネットワークを広げられるような存在になりたいです。

大学の好きなところ、おすすめポイントは?

本学は県内の福祉機関とのつながりが強く、ゲストとして福祉の業界で活躍する支援者の方々のお話しを聞くことができる授業が多いです。よりリアルな現場の声から学びを深めることができ、進路を考える上でも、とても良い刺激になっています。

最後に、受験生に向けてメッセージをどうぞ!

社会福祉の世界では、「悩める誰かの助けになりたい」という気持ちがあれば、皆さんの行動が他の誰かの人生を支えることに繋がると思います。AIなどの機械で担うことが難しい仕事だからこそ、この世界に飛び込み、ぜひ一緒に学びませんか?

前のページに戻る